Topへ戻る。
■10月3日(箒川C&R)


とも。さんに誘われ、箒川C&R区間にニジ君を釣りに行ってきました。

巷の噂では、デカイのが釣れちゃうらしい・・・。
某FF誌やFR誌にも記事が載ってるし、この秋は混雑する予感。

現場に着くと、すでに車が6,7台。
自由には身動きがとれない感じ。

でも、ニジ君なのでなんとかなるべと気楽に入渓してみると・・・

かなり渋いじゃないですか!
浮ついてる小さいサイズを狙ってみますが、スーと近付いてきてプイっと。
クルージングしている奴は特にスプーキーざんす。

4Xのティペットに#8のフライで始めたのに、いつしか7Xに#18まで落としてみたり。

のんびりと釣りするはずが、シーズン中よりも真剣になってるし!
フライをとっかえひっかえ、ドライはもとよりウェットにマラブー、終いにはエッグなんかも出動しちゃったり。

結局、前半戦では#10ビーズヘッドマラブーで2匹、#14ピーコックバジャーで4匹、#16パラダンで2匹、#8ジューンバグで1匹。

サイズはみんな8、9寸。
このサイズしか釣れないとかなり凹むかも・・・。

後半戦はとにかくなにやっても口を使ってくれないので、エッグでやっと2匹。でも小さい。

ともさんの「エッグかよっ!」との鋭利なお言葉に我に返り、確かに後味が悪そうなので、ドライに戻して流芯をトレース。

ホントに暫くナチュラルドリフトしないと出ないのね。
ニジだと思ってなめてたら、いかんよコレは。

でも、日が陰り始める頃、対岸ギリギリの流れでロイヤルウルフが上手く流れると、ゆっくりガボンと出ました♪

最初はギューと走ってくれましたが、リールを巻き始めるとすぐにジワーと寄ってきました。
あとは目の前で一定の距離をとって、のらりくらいと泳いでは時々流芯に向かって走ってみたり。

フライをとっかえひっかえの延長で6Xに結んでしまった#10ロイヤルウルフなので、後悔しながらのランディング。

無理すれば切れちゃいそうなので、時間をかけるしかないし。
やっとこ目の前まで寄ってきたとこで、ともさんにネットでキャッチしてもらいました。

ホホホ♪放流君でも大きいのが釣れると嬉しいですな。
今までC&R区間とか、かなり嫌煙してたけど、ちと印象が変わりました。
割り切って考えれば、結構楽しいかもしんない。

しかし、中禅寺湖とかでこのサイズが掛かったらもっと引く訳でしょ?
もちろんティペットはもっと太いだろうけど、大変だなぁ〜。
んも〜、ワクワクしちゃうね♪
■10月18日(○沼)


カインさんと恒例の丸沼釣行に行ってきました。
いつもは朝早く到着なんですが、今回はいろいろとトラブルがあり、やもえなく前日入り。

そのトラブルとは・・・愛車のオルタネーターが逝っちゃいました(涙)
先日のタイヤのパンクに引き続き痛い出費です。

警告ランプが点いたのが金曜の夕方。

ジープJ38に乗っている頃に、警告ランプを無視していたら高速でレッカーを呼ぶ事になったので、今回は即ディーラーに駆け込みました。

確かあの時も丸沼釣行だったかも・・・。

んで、リビルト品がすぐ手に入ると言うので、土曜の営業時間ギリギリになんとか納車。そしてそのまま丸沼へ。
なんとか代車の軽トラで行かずにすみました。

でも、おかげでプチ酒盛りが楽しめました♪

んで、釣りの方は・・・
船出していきなりカインさんに大物がヒット!
リールファイトが楽しそうですね〜♪

いきなりなので、期待が膨らみますが・・・
結構厳しい状態。

ハーリングでも明らかに年々アタリが減ってるし、ライズも少なっ。

紅葉はまずまずで天気に恵まれたのがせめてもの救いかな。

虫は去年より居た気がしたけど、魚は少ない感じ。
ダムサイトでは若干ドライの釣りも楽しめたけど、物足りなさを感じますなぁ。

唯一、例年より良かったところは、殆んどのニジマスの胸鰭が普通にあった事かな。ちゃんとしてれば、そんなにデカクなくても結構引いてくれますね。

数年前と比べると、紅葉の時期はボートが全部出てたのに今年は半分くらいかな。
魚も明らかに少ないし。

夜中にも竿が出てるしさ。

あんなの見ると、密漁者?→券買わない→魚持ってく→採算とれない→放流少ない→あまり釣れない→客が減る→・・・とか考えちゃうなぁ。

あんな感じでしか釣れないとしたら、来年の釣行はちと考えちゃうな〜。
いろんな意味で、管理者には頑張って欲しいところ・・・。

■10月25日(シャロムの森)


お師匠に誘われ、初のシャロムの森へ。
この時期、ナチュラルストリームで釣りが出来るのは、北関東では唯一なのかな?

自然繁殖のみで管理されてる渓な訳だけども、C&Rが徹底され魚影が濃いはずだと思い、想定釣果は20匹UP、そして尺がらみが1,2匹くらいかな♪
そんな気分で、軽トラに揺られ渓を案内されました。

管理人情報では魚影の濃さなら右沢、サイズなら左沢。
前日、人が入ったのは右沢とか。

そんでオイラ達は左沢を選択。
数よりビッグワン♪

L4辺りから入って、すぐに魚影を確認。
大分スレてるはずだし、ハッチもまだ無いのでパイトッロフライにはハックルを2回転くらいだけ巻いたクイルゴードン#16を結んでキャスト。

巻き返しにいたイワナがすぐに釣れました♪

幸先の良いスタートをきれたので、期待は膨らみますが後がなかなか続きません!

瀬尻に居る魚はストーキングさえミスしなければ、フライをとっかえひっかえなんとかなりますが、巻き返しにボーとしている奴はなかなか手強く、ナチュラルに送りこんでも、フライを鼻でツンっとするだけで、吸い込みません!そして、それで危険を察知したかのようにビューと岩の下に潜り込んでしまいます。

かなりの調教を受けてますな!

しかし、それでもキャッチ&リリース区間。
午前中はやっとこ3つでしたが、午後から活性が上がったのか、バタバタと釣れました。


上流の方は大物が出てるとの事なので、一応探りを入れましたがオイラには大きな魚影は見つからず。

代わりにスポーニングの準備をする岩魚のカップルを発見。
とてもフライを流す気にはなれず、下流に戻る事にしました。

結局、予想の釣果を超える事はできませんでしたが、まぁまぁ数は出たのでそれなりに楽しめたかも。
でも、ペアリングなんかを見ちゃうと、もう少し早い時期に来れれば良かったかなぁ。
■12月13日(柏倉フィッシングパーク)


今年も残すところあと僅か。
とりあえず、この儀式を行わねばと、某氏と相談。
集まっても集まらなくても、この時期なので2人の都合があえばとりあえず実行。
今回はカインさんとオイラんちの丁度中間くらいなのだろうか?
栃木の柏倉フィッシングパークにお邪魔しました。

ここのオーナーとはご縁があり、数年前に三菱ジープJ38をお世話になりました。車屋さんなんだけど、最近はこちらが本業らしいっす。

エリアにはバーべQやヤギ牧場の施設があり、「パラさん、おはよう♪」と思いきや、ヤギ君でした(笑)

今回は納竿の儀の他に、いろいろと取引がありまして(笑)
献上品やお願い事、ブツの見せっこなどなど。

肝心の釣りの方はと言うと、ドライでもルースニングでも結構釣れました。
ただ、やはりポイントがあって、外すと結構厳しいのかも。

サイズは大きくて40cmくらいかなぁ。
殆どが塩焼きサイズなので、持ち帰りや低番手ロッドで楽しみたい方、サイトフィッシングが好きな方には適所かと。

ニジにヤマメ、イワナ、ブルックが飽きない程度というか、結構釣れますよ!
あと、場所がわかりにくいので事前にチェケラッチョしてください。
copyright(c) 2008 mittan all rights reserved.