Topへ戻る。









6月 8日(中禅寺湖〜K川)

意気消沈しかけていたオイラに某エキスパK氏から一通のメールが・・・
「モンカゲのスーパーハッチ・・・入れぱく・・・良い状態・・・ブラウン・・・今しかない・・・」

揺らぎまくり。

平日なのに早朝から車はお山に向かって自動運転。
なんなのだろう。この感覚。
あれほど億劫だったいろは坂なのに。
ギャバンじゃないけど、「魔空空間に引きずり込め〜!ゲヘヘ」と言われんばかりに。
らせん型のやたら道中の長いストローで吸い込まれるかのように、いろは坂から明智平のトンネルを通り、シュルシュルと中禅寺湖にたどり着いたのでした。
でも、釣り場の状況なんてものは1日ずれれば全く違う状況というのは普通の事。天気や気温、湿度に水量、風、プレッシャー。
安定した天気なら期待は大だが、現地は情報の日とは違って良い天気でした。この時期は特に変わりやすいですからね。仕方ないっす。

んで、期待のモンカゲのスーパーなハッチは起こらず、あわよくばモンカゲドライでビシッと掛けるつもりでしたが、終始ツーハンドで投げてはリトリーブの釣りでしたが、結果は連敗更新。。。
6,7人並んで釣っていて、その内の1人は47cmのホンマスが釣れてました!
オイラには癒しが必要だと感じました。


そして、日曜日。
一度はいろは坂を登り日釣り券まで購入しましたが(笑)、あまりの好天とベタ凪で嫌な予感しかしませんでしたので、癒しを求めて山、谷を越えました。

思ったよりも水量は無いのですが、それでもやはりイワナのポイントは減っています。

イヤらしいポイントを探っていくと、ポツリポツリと反応が!
ポイントの殆んどが巻き返しなので、反転流にフライを乗せておくと、白泡の下から出てくるといった感じ。
6月なのに解禁当初みたいなイワナも出てきました。
顔とヒレは良い感じなんだけどね。ガリガリです。
しかし、それもポイントによって大分差があり、痩せてる奴からマッチョな奴まで様々。
木陰で、いかにもと言った岩盤沿いの抉れにはユスリカが多くハッチしていて、この日一番のイワナが流れ出しの深みからヌ〜と浮いてきて、まるでスローモーションのようにフライをガブリ♪

癒された瞬間でした。
こいつを釣ったところで丁度つ抜け。
昼を少し回ったとこだったが、満足出来たので今日は早めに帰宅。
ベランダでみのさんとシャボン玉を作って遊びました。
本当はコレが一番の癒しなのかもね♪









































6月19日(中禅寺湖)
6月21日(中禅寺湖〜H沢)

弾けんばかりの想いをひっそりと心に秘め、向かった中禅寺湖。
ともさんとボートでの出動の予定だが、その湖畔には偶然にも、地元エキスパートの蛇拳さんとK君が!
どうやら目的は一緒のようで。

偏光グラスの下に少年の瞳を輝かせた、ある意味おバカさんなオイラ達は4人揃って山側へと向かったのだった。

オイラとともさんはレスポンス重視で山際をセミフライで叩きながらライズを探して移動を繰り返す。

蛇拳さん、K君組は岸を移動しながら狙っていく様子。

プカプカしながら有望ポイントを探っていると・・・お呼びではないウーたんが2匹も!しかも、セミをがっぷり食ってるし。
思わずアワセちゃう自分が情けない・・・。

そんなウーたんだけで終わるんじゃ・・・と不安が過りはじめる頃。
衝撃的なライズ1発!
まるで子供が落ちたのでは?と思わせる激しい水しぶき♪

一気に2人のスイッチが入りました。
ともさんの絶妙なボートワークで近づき、ライズ近くへセミフライをキャストして暫く置いておくと・・・

水面下に一瞬、魚が見えたと思うと、ガボォンとオイラのフライを食った!
間違いなくブラウン!しかも、デカイっす!

次の瞬間、リールがギャンギャン鳴いてラインが出て行きます。
予想以上の引きに、もうタジタジ。
近くには倒木なんかも沈んでいるし、どうして良いのかわからないままファイト。
ともさんの「落ち着けっ!ゆっくりで大丈夫だ」の言葉で冷静を取り戻し、ジリジリと魚との差を詰めていく。

ラインの先端が見え、もう少しでリーダーがティップに届き、魚が見えると思った瞬間。

なんと・・・フッとテンションがなくなりました!

オイラの体からヘロヘロ〜と魂が抜けて行く・・・。

もう、なにがなんだかわかりません。

切れたのか?外れたのか?

どうやらフッキングが甘かったようです。

暫く途方に暮れていると、遠くで2回のライズを確認!

その光景に息を吹き返して再び近づきます。
しかし、今度は少し沖合いなので、ライズの位置が特定できません。
仕方ないので、セミフライを遠投して暫く放置プレイ。
若干流されながら、ラインのスラックをとっていると大分フライまで近づいてしまいました。そろそろ、打ち返そうかと思った時・・・

再び、フライの下に魚影がぁぁあ!

「食えっ!」と心で叫んだ瞬間、ブワァンと水面をかき乱し、痛恨のUターン。

ガーン!

このとき、今日の敗北を悟りました。

案の定、再びチャンスは訪れませんでした。
この悔しさはきっと夢でリピートされる事でしょう。

そして、暫く中禅寺湖を離れていた、ともさんのハートにも火を付けた事でしょうな。
何年掛かってもこれはリベンジしないとね!

そして、この時期は渓流も外せないという事で、リポD飲んでカインさんと釣りあがりに!

初めての渓は結構ウキウキします。
そして、いきなり魚影も確認。
もしや?と思ったのもつかの間。

スゲー渋いじゃんよ。

フォルスキャスト1発でピューと魚は走って行きます。
そんな中、カインさんは釣れてるみたい!
オイラもなんとかと思うのですが、なんだか上手くいきません。

結局、ボでした(涙)

渓もどこかでリベンジしないとなぁ。
絶好調なはずの6月が今年はかなりの不調・・・。

今後、ドラマが待っていれば良いのになぁ。









7月5日(中禅寺湖〜A沢)

V  V  V  V  ビクトリー♪
コーンバトラー ワン・ツー・スリ〜♪
・ ・ ・
チューゼンジ ヨーヨー♪
チューゼンジ 竜巻〜♪

と、テンション上げて向かったフライのシーズンも終わりかけの中禅寺湖。

「おみやげはピンクの小さなお魚さんね♪おっきいのはダメよ〜。怖いからね。」

釣りに出かける為に、ミノさんと無謀な約束をしてしまいましたが、小さいのならなんとかなるかもしれないけど、ピンクって・・・と思い、セミは終わったけど、引っ張りでなんとかなるのでは?と湖畔に立っみた。

気が付けばツーハンドでの釣果も無いし、今回はとにかく丁寧に投げようと思った。
んで、ひたすらキャストとリトリーブを繰り返し、ほんの4,5m先の明らかに尺以下のライズを狙おうかと迷いが出てきた頃、なんとか届きそうな沖の方でちびホンマスのライズが右から近付いてきた。

ちびの群の下には大きいのも居るのでは?と思い、正面を通過する前にキャスト。通過する頃を見計らってリトリーブするとググンッと待望のアタリがぁぁ!

でも、#8/9のツーハンドロッドではなんとも物足りない引き・・・。
目の前まで来て、ちっとは抵抗してくれましたが、楽々キャッチ。でも、ネットに収まったホンマスを見ると、意外にドキドキしている自分に気づいたりして(笑)

サイズ的には、このフィールドではとても良型とは言えないスレンダーな38cmでしたが、今年から始めた中禅寺湖でやっと出た結果なので嬉しい1匹だったし、とにかく、ツーハンド初物&シューティングスペイ初物も重なったのできっと思い出に残る魚なんだと思いました。

とりあえず、はじめの一歩を踏み出せたような気分。

ちなみに、釣った直後は写真も撮らずに、初めて使うストリンガーに魚を繋いで、2匹目のどじょうを狙いましたが、気づくとベタ凪のうえ、魚の気配も無くなっていまして、当然のように釣れず。

良い天気にもなってきたので、さっさといろはを下り、カインさんに今日の動きを問い合わせてみた。

そして、一眠りの後、カインさんと合流して10時くらいから1本目の渓へ行ってみるが、虫避けハッカ油も塗っているのも手伝ってTシャツにベストじゃ寒い寒い!魚も薄くて1時間くらいで脱渓。
いろいろ悩んで、初めて入る渓に移動しました。

イワナの渓と思っていた渓は、どうやらヤマメが主流!
カインさんがビシビシと綺麗なヤマメを釣り上げていきます。
でもオイラは苦戦!フライをあっちこっちに引っ掛けてはどんどん集中力を失っていきます(笑)
やっとヒットさせた魚は超〜おチビちゃんだし〜と思ったら、カインさんが良型をランディング♪
体高があって良いヤマメでした!

オイラも良いポイントを譲ってもらい狙いますが、ロッドが大きく曲がることはありませんでした。

そして、高巻き中に大粒の雨でずぶ濡れ。
車に戻り、帰り支度をしていると晴れ間が見えてきたので、カインさんはもうひと勝負するとの事でしたが、オイラはここで終了〜。

とりあえず、みのさんのノルマは達成できたので今日は満足♪

帰宅して早速、ホンマスをさばいて除菌の為に冷凍。
次の日のディナーで、ミノさんはホワイトソースのパスタに、オイラ達はお刺身で頂きました。
かなーり久しぶりのホンマスは、格別に美味かったなぁ。
次回?も気合が入るってもんですな♪














7月31日(U沢)
8月2日(K川・K沢)

なんだか慌しい日々を送っていたら、アッ言う間にもうすぐお盆。
気づけばブログのUPも1ヶ月近くもしてなし(汗)
もちろんフライも巻いてない。
でも、ちょこっとは釣りに行けましたので、まとめてUPざんす。

まずはお師匠と恒例の夏山釣行。
地元の知合いの情報なんかも仕入れつつ、あまり期待はしてなかったけど、これ程魚が少ないとは・・・と言った感じの釣りでした。


高低さがあまり無い渓で、フリフリも楽チンなのだが、魚影が少なく、見つけた魚は超スレてるし。

やっとこ釣れたイワナは今日の最大かもと思わせる9寸弱。
でも、撮影時にトンズラされましてガックリ。

アブの猛攻も予想されるので、お師匠は秘密兵器を装着し、更に未踏の奥地へ交互に釣りあがります。

すると小さいサイズがポツポツとは釣れ始めましたが、良型には出会えず。
かなり釣りあがったところで、タイムアップ。
川通しで下るには釣果が寂しいだけに、ちと足が重かったです。


そして久しぶりの本流モーニング。
もう、誰も居ないのね(笑)

そして、魚も居ないように思えるんですけど〜。

まぁ、でも、せっかく来たんだし流れ込みから流れ出しまでひと流し。
下る先には、ひとが下ってるのに下に入る失礼なお方も居ないし、気分良くフリフリできますが、チビのプルプルあたりのみ。

居たのは50羽を超える川鵜だか、ゴイサギの群れ。
途中からはスペイの練習になってしまいました(笑)
しかも、ウェーダーに3ヶ所もピンホール発見。1ヶ所はお股!
着替え持ってきてないし、これからコンビニに寄らないといけないのに・・・。
お盆中は本流用ウェーダーと車のメンテだなぁ。


そして、モーニングの後にお山でカインさんと待ち合わせ。
某沢を探索予定。
でも、すでにエサ師が先行していたようで、降りてきたとこで話を聞くとチビしか居ないとの事。

それでも、時間帯の問題で、オイラ達が釣りあがる頃には・・・と期待しながら入渓しました。

渓はここら辺ではオイラは一番好きかも。
でも、深いポイントが多いのでエサ師も好むだろうな。

絶対居そうなポイントはことごとくお留守のようで、段々集中力を失っていきます。
そして、案の定、2人ともボ・・・。

ホント、渓は良い感じなのに。残念です。

そして、行き場を失ったオイラ達はダメ元で本流へ移動。
叩いてなんとかチビヤモが2匹出ましたが、なんと2匹ともスレ掛かり!

なんとも納得がいかないので、諦めず小さなポイントも狙っていくと、やっと1匹まともに出てくれました。

そして、これからというところでタイムアップ。
後はカインさんに任せて、ちと後ろ髪惹かれながらの帰宅となりました。

たまにはがっつりイブニングまでやりたいなぁ。
どっか良いとこないかねぇ。

















9月19日(I沢)

ハァ〜、ついに栃木の渓流は禁漁期に突入ですねぇ。
オイラの今シーズンは一言で言えば「イマイチ」でした。

そんなんで、禁漁間際は「行かなくちゃっ」という衝動に駆られ、平日にお許しを得て(というか強引に)行って来ました。

どこも良い情報はなく、とりあえず来年の調査も兼ねて初めての渓へお師匠と。

やはり禁漁間際、平日なのにあちこちに釣り人がいました。
オイラ達は初めての渓ということもあり、イージーなところから入渓。

いきなり7寸クラスを2匹連発しましたが、手元でフックオフ。
なんだかこの先期待が持てそう♪

その先も小さなポイントではかなり反応があるのですが、殆ど稚魚。
小さすぎて大体はフッキングしませんが、中には自分の体の3分の1位のフライを咥えた奴もいました。

なんとか2匹くらいはランディング出来ましたが、最初のバラシた奴が今回の最大だったかも。

魚は沢山居たので、来期の夏には遊べそうな渓でした。

そして、その後オイラは単独で中禅寺湖へ(笑)

もう岸釣りのフライマンは誰も居ません。
とりあえず、目前でライズするかもしれないので、#6ロッドには#10エルク。
引っ張って掛かるかもしれないので、#8/9のDHにはワカサギパターンのストリーマー。

半分は本気で、良い時間を待ちます(笑)

で、ワカサギかなんかわからんけど目の前でモゾモゾしはじめて、暫くするとその群れの後ろの方で水しぶきがぁぁ!

群れの進む方向へキャストして少しカウントダウン。
群れが差し掛かったところでリトリーブを暫く試みましたが魚信は皆無(涙)

そうこうする内に、なんと目の前5mのところで小さなカディスを食ったようなライズ!サイズは40cmくらいかな。

とりあえず、ロッドを変えてエルクをキャスト。
暫く待ちますが出ないので、左手にもったラインの余りを絡まないように直した瞬間に・・・ガボンって!!

急いで合わせましたがすっぽ抜け〜。
ガーン!やってもうた・・・。

今期はこれにて終了です〜。
最後は残念でしたが、とりあえず今年の目標というかノルマはクリアできたので、来期に向けて前進出来そうな感じです。

目標って?

「中禅寺湖で1匹!」

小さいっすか!?
copyright(c) 2008 mittan all rights reserved.