Topへ戻る。








1月21日

今年の初釣りオフ会は「発光路の森」に集まりました!

例年は雪景色の中ですが、今年は全く雪無し。
暖冬とはいえ、地球の異常を感じてしまうなぁ。

今回はちょっとしたノルマがありまして、軽くプレシャーを感じながらのスタートです。しかし、ファーストヒットがなかなかでません。
やっと来たと思ったらハヤじゃんけ!ガックリです(笑)
面倒ながらも、ラインをタイプUに代えて引っ張り始めると、結構釣れるじゃぁないっすか。なんとかノルマ達成したところで、みんなでお昼です。

リトルさんは家族で遊びに来てくれました。
オイラんちはいつかこんな日を迎えられるのだろうか(笑)

みんなでの食事は楽しいっすねぇ♪(って、kitaさんしか食べてないような写真でした。ガハハ)
半分はこれでも良いかも。

午後は、みんなのところ回ってお喋りできれば良いかなぁと思っていましたが、まだ魚の写真とか撮ってないのに気付き、とりあえず他のポンドを見に行ってみます。
すると、おっきい魚が結構居るじゃないっすか!
そんなん見たら釣りたくなるでしょう....ハマりました。
なかなか釣れないんで熱くなっちゃいました。
で、ちょびっとしかみんなとお喋りできませんでした(涙)

みなさん、遠いところお疲れ様でした!
今度は沢山お話したいっす♪

今回、これなかった方達も次回はぜひお願いしまーす!
って、年末か?(笑)


ヤマメ:30cm
R:#10ガガボン ◎D:#6グレートセッジ

降水量が不安な今日この頃。
川の水量も極めて少なく、ハッチも期待せずに川に行ってみた。
案の定、ハッチも見られないがせっかく来たので、ひと流ししてみる事に。

流れ込みも流芯が際立つような流れではなく、さらさらと入ってくる感じ。
そんな流れ込みを頭から流すこと数投目。ナチュラルで何も無かったので、ジワァ〜とラインを手繰り寄せ、テンションを掛けてスイングさせるとゴツッと手ごたえ♪
しかし、引きから考えると8寸クラス。
ラインディングしてみてもうちょっと有りそうだけど細ーい!撮影してから計測すると......ありっ?30cm!?読み違えたかなともう1度計ってもギリチョンで30♪
ん〜、全然、尺ヤモの風格無し。って30.3cmに届いてないから尺じゃないけど(笑)。
こんなこと言っては怒られるかもしれないけど、嬉しいサイズのはずなのに、納得いかない複雑な気分....。やはりK川なら、もうちょっとねぇ。

まだ、ハッチが少ないせいか、ガブガブ捕食してないようだぁねぇ。
プリプリのヤマメに出会うまでに、今年は少し時間が掛かりそうだなぁ。




4月15日(K川支流)
イワナ:22〜26cm×7匹
フライ:#14 ピーコックバジャー他
ハッチ:ユスリカ、クロカワゲラ、

釣行予定日直前になんと子供が発熱!マジっすか!?
仕方ないから延期かなぁとションボリしてたら、「行ってきたら?」と嫁のお言葉♪ま、眩しいぜ!後光がさしてるよ!

という事で、今年初の岩魚釣りへ。
9時に現地到着。カインさんと合流し、目的の渓へ。
が、すでに先行者らしき車がぁぁ。
第2候補の渓へ移動すると、ウシシ誰も居ない♪

まだ、木々が芽吹かないので広々とした印象の沢を2人で釣り上がっていきます。気温は結構暖かいのですが、微妙な風が邪魔をしてくれます。水温は7℃。ちと不安。でもドライで釣り上がります。

午前中から巻き返しなどの流れの緩いところでは、ユスリカがハッチしているのですがライズは見られません。10時半くらいからコカゲロウとマエグロヒメフタがチラチラし始めましたが、ライズには至らず。

昼直前に枝沢で魚を発見。カインさんが1匹ゲットしランチタイムへ。

午後からはやはり風が強くなってしまいましたが、なんとか風を利用したり合間をぬってポイントにフライを落として行きます。
メイフライは見られなくなってしまいましたが、黒っぽいカワゲラが少量だがハッチ♪居そうな場所はとことんしつこく流します(笑)
すると、白泡の底からニョロ〜と浮いてきてバクッと食べました♪

なかなかの引きを楽しませてくれたのはこの日最大の9寸弱のマッチョな岩魚。イワナ色のヤマメみたいな印象でした(笑)

その後、同じようなポイントから数匹のイワナが出てくれましたが、みんなムチムチ♪
3時半まで釣りあがりましたが、お互い風邪ひきの家族が気になり今日は早めに切り上げる事にしました。また次もあるしね♪






4月21日(K川)
ヤマメ:26cm
フライ:#12 クイルゴードン
ハッチ:コカゲロウ、エルモン、ヤマトビゲラ他

今週もラッキーな事に出動です♪
で、今回は山岳渓流と本流で悩みましたが、今時期しか楽しめない昼間のライズ狙いにカインさんと本流に行ってきました。

ポイントに着くと先行者らしき車がありますが、どうやらエサ師のよう。
ポイントも広いので迷わず入渓です。案の定、エサ師がかなーり上流の方に見えます。オイラ達はとりあえずライズを探して二手に分かれます。

オイラは今後の事もあるのでプール3つ分上流まで探索に行ってみましたが、ライズは全く無し!昨日の夢の中ではライズぼこぼこのはずなのに・・・。でも、ポイントチェックできたのでカインさんとこまで行ってみると、数発ライズ確認とかっ!やる気が出てきましたっ!
昼にはまだ時間があるので、今度は下流へ下ってみることに。
すると良い感じのプールを発見。暫く観察しているとライズしました♪
ゆっくり近づき、次のライズを待っていると続けて3回ライズ!
狙ってみるとゆっくりフライに出たのは9寸弱のヤマメでした♪
本流では決して大きいサイズではないけど、ライズ狙いのドライで出た事が妙に嬉しかったりして♪
そして、頼りになるフライはいつものコイツでした。#12のクイルボディ♪

その後、ライズが増えてきたのでカインさんと狙いますが、なんだかスレてるようなライズばかり。中には激しく飛び出してくる奴もいたりしてテンション上がりますが、何を食べてるのか定まらず、かなり苦戦。

視線の先には悩ましいライズが時々ヌルりとっ!1時間に1、2回?(笑)
冷静になってきた頃にやるので、最初は1日本流じゃ飽きちゃうかなぁ〜なんて思ってたけど、全然っ!熱くなっちゃって楽しいのなんの♪

でも、その後オイラはかすりもせず。カインさんは悩ましいライズを取りますが、残念な事に途中リリース!相当悔しそうでした!多分、1ヵ月は引きずるな。。。


4月27日(K川)
ヤマメ:24・27cm
フライ:#12 エルモンパラシュート
ハッチ:モンカゲ、エルモンヒラタ、コカゲロウ他

イブニング前に場所を移すと、モンカゲとエルモンが大量ハッチ中!
しかし、ライズは散発。水面下で捕食してるのかどうかわからないけど、ポイントのわりにはちょっと少ないんでないの?

とりあえず、ライズに的を絞り、2回以上続いたライズを狙っていきます。
このポイントは流れの筋が複数あるので、外したら終わりみたいな緊張感が無く、のびのび狙えます。

モンカゲのハッチが目立つけど、食っているのはもう少し小型のような気がしたので、エルモンのパターンをチョイス。

1匹目は難なく取れましたが、2匹目はちょっと複雑な流れの向こう側で苦労しました。掛かってからはリールを逆回転させ、グイグイ引いてくれます♪引きからすれば35UPだったけど、上がってきたのは9寸のスレ掛り!ドライシステムだったので久々に緊張しました(笑)












5月3日 (K川・D川)
イワナ:8寸×数匹、26cm・29.5cm
#16フェザントテールニンフ #14CDCフローティングニンフ

GWなのに奇跡的に釣行です!
それは前日のベッチからのお誘いの電話から始まりました。
せっかくの釣行なので、あちこちてんこ盛りで楽しもうと、出発は早朝4時に決定。まずは本流から。
5時に到着ですが、ハッチも無ければライズも無し!思ったよりも寒くて30分で諦め、motoさんBlueBackさんと合流し、暫し釣り談議。
次の渓をどこにするか悩みながら移動している途中、家族でキャンプに来ているリトルライズさんともお会いする事ができました。

それからいろいろな条件を考え、久しぶりの渓を釣りあがる事にしました。
しかし、歩けど歩けど反応が少なすぎます!
午前中はみっちり歩いて汗だく、バラシ2つで心も折れました(涙)

昼食をとり、気合を入れなおして上流に向かいます。
先行者は居るだろうけど、イワナ狙いならなんとかなるような気がして、取りあえずベッチ先行で釣りあがってもらいます。
オイラは暫く時間をあけてから追いかけようと、入渓地点でスレてそうなイワナを狙ってみます。
案の定、ドライフライのサイズを落としてみても殆ど反応しないし、見に来ても口を使ってくれません。
仕方ないので、ニンフ嫌いなオイラだけど、見えてる魚を狙うので#16のフェザントテールを結んで近くに落とすと、スーと寄ってきてなんの躊躇も無く食べました♪ニンフってスゲー!!

その後、同じプールの流れ込みでヤル気のある若いイワナをイエローサリーでヒットしている最中、エサ師が「釣れてるねぇ〜!エッヘッヘ」と言いながら追い越して行きました・・・!?そりゃないぜっ!

ベッチを追いかけるはずが間にもう1人はキツいだろうと、ベッチに電話を入れ退渓予定ポイントあたりに車で移動し、その周辺をじっくり叩いてベッチを待つ事にしました。少し下った所から入ろうとすると、いきなり良型のイワナと目が合ってしまい、ニョロ〜と沈んでしまいました!ウオッ、しまった!良く見ると深さ十分で釣りにくそうな、いかにも大物が潜んでいるようなポイント。出入り口の幅は70cmほどで、ポイントの広さは直径1.5m。下流からアップで狙うと、魚は完全に真横が見え、距離は8mくらい。上は枝が微妙に張り出し、フォルスキャストは厳しい状態。上流からダウンで狙うと手前の流れが複雑になっているのと岩の頭が出ているので、流芯でないところでフラフラしている魚に流れに乗せてフライを流し込むのは難しい。狙うとすれば頭を出している岩にリーダーを乗っける作戦が有効かと。しかし、竿を立てて手前のラインを水面に付けないようにしないといけない。オイラが選択したのはダウン。暫く魚が戻ってくるのを待って、フォルスキャスト1発で再びサヨナラ〜(涙)やはり、真正面の至近距離は無理があったかと反省。諦めてほかの場所でベッチが釣りあがってくるのを待った。

他のポイントでも、なかなか素直にドライフライには出てくれなく、#16前後のフライをあれこれローテーションして数匹のイワナと遊ぶ事が出来ました♪

ベッチが上がって来た時点で、さっき失敗したポイントに戻ってみる事に。
そ〜と覗くと、さっきの奴が戻ってきてました♪今度は下流からアップで狙います。フライが近くに落ちれば素直に出てくれる事を祈って、ロールキャストを慎重に繰り返します。数投目にピタッとフライが入りました。しかし、ドリフトも完璧なはずなのに、近付いて来てプイッとUターン!改心の一投だっただけにショック!でもなんか燃えてくるものがあります。フライを変えて、再度挑戦。そして、今度はなんとミスキャスト!若干届かずピックアップしようとすると・・・なんと沈んでいた枝をフッキング。もう終わったと思い、力をいれてティペットを引くと、枝がゆっくりと流れて魚もそれに気づかずセーフ♪あ、あぶねーっ!見えてる魚が今日1番の大きさなのでもぅドキドキです。沈んでいる枝を排除したので、フッキング後のやり取りが冷静に予想出来るようになりました。最悪は潜られラインブレイク。今までのケースはここぞと言う時にこれでした。ティペットを新しい物に交換し、しつこく再挑戦。フライもどんだけ変えたでしょうか。Uターンを繰り返されますが、何度も見に来てくれるのでチャンスはあるはず!そしてフライをCDCフローティングニンフに変えた時に、やっと口を使ってくれました♪フッキング直後は、潜られないように急いでラインを手繰り寄せると共に、猛ダッシュで近付きます。想定してたよりもトルクフルでロッドティップを絞り込んでくれます。しかし、ティペットが何かに接触しているような感触も!長引くとロクな事が無いのは十分経験してきたので、ティペットの強度を信じ、強引に引き抜きネットイン。絶対、尺はあると思ってたのに数ミリ足らずでしたが、よくこの細身の魚体からあのパワーが出るなと思うような1匹でした。でもサイズよりもキャッチ出来た事に意義有りでした。
そして、印象に残る釣りが出来た幸運に感謝。

今回はニンフ嫌いの解消と、ノーハックルの有効性について考えさせられる釣行となりました。なんだか幅が広がったような気がして嬉しいな♪
最初はどうなるかと思いましたが、結果オーライで良い釣行となりました。

ライズを狙うお師匠。

33cm

31cm

ランディングするカインさん

イワナ27cm
5月13日 (K川・D川)
ヤマメ:7寸×2
イワナ:8寸×数匹、9寸×2、31cm、33cm
#14ピーコックバジャー、#16CDCスペントカディス


今回はお師匠と山へ行ってきました。

入渓地点に到着すると、すでに先行者が!
でも、丁度上がってくるとこらしく、話しかけると、2時間くらいやってきたけどルアーで10匹くらいでしたとの事。
ムムム、魚はいるみたい♪
早速、2人で釣りあがります。
しかし、風が出てきて思うようにドリフトできません。
なんとか7寸ヤマメのライズを取り、ボは逃れました♪

魚は見つける事はできたけれど、GWに弄ばれてしまったのか結構スレてます。結局、2匹目のヤマメが出たとこで風裏を探して移動です。


枝沢へ移動して少し釣り上がったところで、魚の反応が!
ちびをハズして次のポイントへ。
すると手前の流れの向こうにイワナのヒレがチラリと見えました!
良型っぽいので、風の間を待ってアップクロスで狙います。
メンディングを1発入れるとフライは魚に向かってゆっくりと流れて行きます。イワナがふらぁ〜と浮いてきてパクリ♪
うぉっ!思ったよりもデカイ♪久々に糸鳴りしてます!

ティペットを心配しながらランディングしたのは33cmのイワナ♪
サイズの割には可愛い顔つきの子でした。まだ黒いイワナかと思ったらすっかりサビは抜けてました。

今日はもう満足と思いながらウキウキで更に釣りあがると、前回この渓に来た時には何の反応も無かったポイントで、一瞬、フライを見に来た魚が見えたような・・・?
もしやと思い、ティペットを新品に交換し再度フライを落とします。
ポイントは流芯と崩れた石垣みたいな物の間に出来た結構深さのあるプール。フライは崩れた石垣に沿って良い感じで流れ、もう少しでドラッグが掛かりそうと言うところで、ガボッ!!
よっしゃ!居た♪しかも、またデカイっす♪
底へ底へとトルクたっぷりの綱引きを制し、オイラの勝ち!
今度は31cmでしたが、オイラ好みの男前♪

ここの渓は結構居るのにみんなプリプリ♪
そんなにエサも無さそうなのになぁなんて関心しながらお師匠と山を降りました。


更に、某渓で先行しているカインさんに単独で合流。
ちょびっとばかり一緒にフリフリしてきました。
すでにカインさんはホクホク顔。合流してからも狙うライズはすべて手中に!

オイラもライズを狙いますが、フライをとっかえひっかえしてなんとか。引きは尺並みだったけれど、27cmでも満足♪
ここの渓は引きが強くて、黒いから好き♪

久しぶりにヘトヘトになったけど、やはり新緑の渓は気持ち良いねぇ♪







5月19日 (K川)
イワナ:27cm
#16ソラックスダン

釣りにも2週連続で行っている為、今週は家族サービスでも...と思っていた金曜日、カインさんからお誘いのメールが!
ダメモトで嫁さんに話を切り出すと、出ちゃいました。OK♪でも、顔は笑ってませんでしたけど(汗)
イイって言ったんだから、行くしかないでしょ♪

まずは本流モーニングに出かけましたが、ライズ1つ無し!ちょろっとヒゲナガが居たんだけどねぇ。まだ、イブニングの方が分があるみたいね。

で、約束の時間を目指して山を目指します。
到着がかなり早かったのでいろいろ覗きましたが、まだライズは無いようなので、寝てカインさん達の到着を待ちます。

8時15分、カインさんからの電話で目を覚ますと、「ライズしてるよー!」との事♪
早速、カインさんParaさん猿人さんと合流してライズを狙いに。

ハッチはフタバコカゲロウとユスリカ、ミドリカワゲラとヒラタやモンカゲが少々。う〜ん、この時期はやはり黄色ばかりなのね。
とりあえず、一番食べてそうなフタバのパターンで、#16のソラックスダンを結んでみる。

射程距離内で2つライズを確認。
手前のライズを狙うと1発でヒット♪
結構、良い引きしてるけど9寸くらいかな。なんて余裕をかましていたら手前でバレちゃった!ガーン。でも、もう1つライズしてるもんね。

奥のライズも割と楽に仕留められましたが、さっきより一回り小さいみたい。でも、結構な引きしてる!
ランディングするとプリプリに太ったイワナ♪
もともと放流っぽい感じだが、ヒレは綺麗でした。
測ると9寸ジャスト...つー事は、最初のは尺くらいあったのかも...ショック。ミッタンショック!

その後は、雨が降ったり止んだり、風吹いたりで結構苦労しました。
捕食対象もミドリカワゲラのフラッタリングに変わったりして、ナチュラルドリフトだと全然ダメ。ドラッグを掛けると出てくるけどバラシ連発。やっとこ1匹追加してギブです。

体が冷え切ったので、みんなで近くの蕎麦屋に直行。数年ぶりに温かい蕎麦を頂きながら、暫し談笑です。午後はなんとなーくテンション上がらず、娘と嫁の顔がちらついたので早めに退渓しました。

でも、Paraさんが草食動物系だという新たな発見もあって、楽しく過ごせた1日でした。そして、そのParaさんにドラマがあったとかっ!
copyright(c) 2007 mittan all rights reserved.