Topへ戻る。
月9日(昼休み) 
チビヤマメ×3匹
#16 半沈クイルボディP

周りでそれぞれ解禁してきたこともあってソワソワ・・・・。
とりあえず、川に行かない事には落ち着きそうもないのだ。
で、昼休みに会社の前のD川へ♪
ぽかぽか暖かく、ユスリカと小さいカディスがハッチしていた。
しかし、ライズは見つからないので底石を頼りにユルユルなポイントをトレースしていくと、スッとフライが消えた!
昼休みの一堰堤間ハーフコースでおチビ3つ♪
サイズは仕方ないものの、まずまずの滑り出しかな。

4月17日
イワナ20cm前後×10匹くらい
#16 クイルボディスタンダード他

4月17日は二荒山神社の弥生祭。
オイラに御神輿担ぎの召集命令が・・・。
で、有給休暇とって行って来ました。
思ったよりも重い御神輿に両肩が悲鳴をあげます。
でも、ギャラリーが沢山いるので笑顔で頑張ってきました(笑)
予定では打ち上げまで入れて1日かかってしまうと思っていたけど、意外と早く終わったので、気付くと渓に向かって車を走らせていました(笑)

 4時に着いて約1時間釣り上がると10匹ほどの今年初のイワナ君が遊んでくれました。
 年越しをしたイワナ君達はみんなお腹がオレンジに染まっていて、サイズは20cm位ばっかりだったけど、久々の#3ロッドで掛けると想いのほか引くので結構楽しめました♪小さくても久々に癒されたなぁ♪でも出来れば次は本流で癒されたいっ(笑)
5月5日
イワナ20cmくらい×4匹
#16〜14 半沈クイルボディP他

ベッチと今シーズン初の釣行へ。
現地で前日入りしているカインさんと合流し、沢イワナを求めて某山岳渓流に入渓した。

暫く歩いてから釣り上がる。
ハッチもそこそこなので、ちょっと期待が高まる。
しかし、釣り始めると思ったより渋い感じ・・・。
魚・・・居るのか?それとも時期がちと早かったのかな?
それでも、なんとかユルユルなポイントで反応してくれました。

カインさんも渋いところを攻めて、イワナを引き出して行きます。

途中、山菜採り兼、餌師のおじさんと遭遇。話によると支流でクマを見たとの事!両手を広げて「こんくらいのが居たぞ!」だって!マジっすか!?居るとは思うけど、そんなタイムリーな話は聞きたく無かったっす。まぁ、3人居るし、鈴も鉈も持っているので最悪の場合、ベッチを盾になんとかなるかな?と思いつつ釣りを再開するのだった(笑)

久々の山岳渓流でマイナスイオンを吸い込み、サイズは小さいけど数匹の沢イワナが遊んでくれたので、とても充実した1日になりました♪また、良い時期に行ってみよー♪

 最近の釣果は25〜28cmくらいの本流ヤマメ。ボもしばしば・・・。
 モンカゲとヒゲナガにライズ有り。
 特別デカイのは見かけないけど、周りの人は釣れているみたい。
 
 6月に入って、ややモンカゲとヒゲナガが落ち着いて来た感じ、上流はこれからかな。中型のメイフライが目立ってきた。

 5月はドロッパーにマドラーセッジ、リードにウィッカムファンシーとかピーコッククイーンやマーチブラウン、モンカゲパターンが多いかな。

 5月後半からリードはブルーウィングが好調♪
6月某日 (K川)
ヤマメ 43cm
◎ドロッパー:#6ダンケルド  リード:#8ブルーウィング

 本流モーニングでの出来事。
 薄暗いうちに準備を始める。
 いつもはヒゲナガのパターンとしてドロッパーにマドラーを結んでしまうのだが、この日はいろいろな要素が重なって、ドロッパーにダンケルドを選択。リードは最近ヒット数が多いブルーウィング。
 このダンケルドというフライ・・・鮮やかなオレンジのハックルが、シャア専用より量産型の方が好きなオイラにとって、ちと抵抗があったのだ(笑)
 でも、諸先輩方の話を聞いていると、マズメ時には効果の高いフライとして頻繁に耳にするし、今期は大物が釣れていないのもあって、何日かにわたって久しぶりにブラウンマラードのウイングをイライラしながら数個巻き巻きしておいた。

 んで、釣りはというと・・・
 暫く釣り下るが、虫のハッチは少なく、ヒゲナガ・ケニス・中型のメイフライがちらほらって感じでライズは全く無し!ましてやアタリも無し。
う〜ん、困った。プライベートでちと数日間ムカムカしていた事もあり、ここで釣れないとくじけそう・・・。
 時間的に最後のポイントに差しかかり、ふともう少し丁寧に流してみようと思い、流芯の筋が壊れそうになるところで、流芯向こうにキャスト、ちと送ってスイングスピードをやや上げるべく、手前側にメンディング。流れにラインを引っ張らせてフライが流芯に入った所で衝撃の手ごたえっ!!

 ゴッ ダパーン!いきなりジャンプ!続いて2回もっ! 「えっ!?ニジ君?」「ここにニジも居んの?」 ジィーーーー!続いて引き出されるライン。脳裏にニジかもという思いから意外と落ち着いて対応。暫くやりとりして魚体が見えるとヤマメじゃん♪正体が明確になっちゃったもんだから心臓バクバク!バレないでくれーとテンパった状態でなんとかネットイン♪
 オォッ!結構デカイんでないの?
 とりあえず、逃げられないうちに写真を数枚パチリ♪続いて計測すると・・・よよよよよ40UP!しかもプラス3cm♪ハァハァ・・・まだ呼吸が整わないっす!
 もう一度測ってもジャスト43!!やったっ♪
 自己記録更新です。も〜、嬉しいったらありゃしないっ!
 いやー、こんなドラマがあるから止められないんだなぁ。
 脳内麻薬がドクドクモンスターざんす♪また、あのドキドキを味わいたいもんですなぁ♪
 

6月24日(K川)
ヤマメ 32cm
ドロッパー:#6ダンケルド  ◎リード:#6ピーコッククィーン

 暫く梅雨での増水が続き、今朝は減水しはじめてから2日目。腹ペコヤマメが動きそうな気配。急遽、嫁にお願いして朝だけ釣り許可が降りた♪

 そろそろ上流も良いのでは?と思い、とあるポイントに入渓。
 川原に着いた頃、すでにヒゲナガがちらちらしていたがライズは無し。
 薄明るくなり流芯脇から流そうと、ヒザくらいまで水に入り流し始めた直後、岸際の水深30cmほどのところでライズ発見!しかも、距離にして3mほど。う〜ん、失敗。こんな岸ギリギリには居ないと思ったのに・・・基本を忘れていたようだ。兎に角、ライズがあるなら狙わねばっ!んで、下手に動くと逃げられると思い、殆どリーダーだけだしてライズの頭に流し込むと1発!
 ガボッ!ダバッ ダバババババ!!
 ゲゲッ!意外とデカイって思った瞬間バレちゃった(涙)
35くらいあったかも・・・やはり、まずは立込んじゃぁいけないのね。ガックリ・・・。

 気を取り直し、釣り下っていくと流れ出し直前でググッと来たっ♪何だか、今までの当たり方と違うなぁ。リールファイトの時もイワナかな?と思うような感触。でも、結構流れに乗ってロッドを曲げてくれた。取り込むと、32cmのヤマメ♪
撮影の時、その引き具合の訳がわかった。写真と逆側の胸鰭が真っ二つに割れていて、尾びれもやや痛んでいた。放流ものなのか、暫く前に誰かに釣られた個体なのか解らないけど、顔と体高の割にはちと残念でした。その後も、対岸の岸ギリギリで良さげなサイズがライズしたけど、オイラにゃ全く狙えない距離なんで終了〜。

 帰りに某橋の上で見覚えのある車を発見!フフフッ、やはりmotoさんでした。
 遠征組の情報を聞くと、なんとBlue Buckさんが40UPにmotoさんも尺上とか!ムムム・・・スゲーなぁ・・・遠征組強しっ!

 その後、少し時間があったのでmotoさんにスペイのレクチャーして貰いました♪やはり上手な人は楽々投げているように感じますねぇ。良い刺激を受けました。新しい発見もあったし、良い勉強になりました。ありがとうmotoさんっ!


6月25日(K川)
ヤマメ 20cm ・ イワナ 24cm
#12エルクヘアカディス ・ #12プードル

 昨日突然のベッチからのお誘い。
なんとか嫁の許可をもらい、行ける事に♪
予期せぬチャンスに便乗して、25日も本流モーニングやってから上流に移行しようと企んでみる♪
 しかし、嫁の実家の犬の散歩と餌やりを以前から頼まれていた為、本流モーニングの後、一度戻ってこないといけない事になる。
 ムムム・・・前日もモーニングに行っている為、体力的にかなりリスクの高い釣行になりそうだ。でも、釣りできるなら頑張っちゃうもんねー!
 つーことで、早めに寝なければと思うのだが、連荘釣行の為やや嫁の顔色を覗い、平然を装っていつもの時間に就寝・・・。
 これがいけなかった!案の定、寝坊・・・ショック!ミッタンショック!
結局、普通に犬の散歩後、ベッチと待ち合わせの場所へ。

 で、上流へ。。。
 最初は沢へ入ろうとしたんだけど、ベッチも久々だし伸び伸びロッドを振れる本流へ入渓。
 ベッチも枝などに気を取られず、フライを流すことに集中出来ているようだ。
 オイラも後からベッチの反対側を釣りあがっていくが、ベッチの前にも先行者がいるためか、ハッチが無い為か、すこぶる魚の反応が少ない。
 仕方ないのでいつもは狙わないガンガンの瀬脇とかを大きめのフライで探っていく。フライが流れに巻き込まれたかと思いピックアップすると、いきなりスゴイ勢いでロッドティップが引き込まれる!!
 大き目の岩が重なるポイントなので、潜られてはヤバイと強引に下流に引っ張ろうと試みるが、魚体が横から見えてハッキリと尺がらみのヤマメと確認した直後に、岩に潜られちゃった!マジかぁ〜。この川はいつもこれだよ・・・。成長しないな・・・オイラ・・・。諦めずにティペットをたどるが結局ブレイク(涙)

 その後、結構釣りあがるが全然ダメ。小さいの2つで終了。
 まぁ、でも久々にガッツリ歩いて少しはカロリー消費したかな?
 帰宅後、ベッチとシンタロックとで結婚式の余興の練習をしながら、鍋にビールとで消費カロリーを上回っちゃったと思うけどね(笑)






8月6日(K川他)
イワナ 30cm
#14 エルクヘアカディス(ピーコック)

 以前から調査してみたいと思っていた某渓流に、カインさんと行ってきました。

 下流域は何度か釣り歩いた事はあったのですが、上流域はクマ君が怖い為、とても1人じゃぁ歩けませんっ。
 鉈とクマ鈴を付けて、笛を吹きながら渓を登ります。
 渓を釣り上がり始めると数匹のイワナが逃げていきます。
 水量が少ない上にブッシュが多く、遠投は難しいしストーキングもかなり慎重にやらないとっ!

 ショートリーダー&ティペットにして、ロールキャストで釣り上がります。
出てくる魚はかなり小サイズでなかなかフッキングしません。
そこそこのは見かけますが、走られてダメダメ。
せめて1匹欲しいと思い始めた頃、とあるポイントに上手く1投目でフライが入りました!
 思わぬ大きさの魚影が浮いてきて、フライをバックリ!
頭の中で突如始まるヤッターキングのイントロ!!
 流れ込みを登る勢いで走り回ります。直前にリーダーがダンゴになっているのを確認したのに、「どうせ出てもチビだ」とナメていた事を後悔しながらなんとかランディング。ラッキー♪
 痩せていたので尺は無いなと思ったのですが、ギリギリ尺ありました♪
 頭だけなら文句無しの尺上なんだけど、カジカ体系・・・。
 残念な事に背びれと尾びれ上部に古傷有り(涙)
 何者かに引きちぎられた感じ。多分、鳥かな?
 でも、この規模の沢で、このサイズの野生に満足満足♪


 午後はもっと水量の多い渓に移動。暫く歩いてから入渓したけど、かなりデンジャラス!落ちたら死にます。汗びっしょりになって降りたポイントには予想に反し、かなり少ない魚影。反応も結構シビアです。ムムム・・・
 一度、林道に戻りさらに上流の入渓点を目指します。
 今度は渓の高低さも少なくなって、ブラインドし易くなりました。

 反応はあるものの、なかなかフッキングに至らず。ちと寂しい結果に終わりました。

 まぁ、涼しい渓だとは言え8月だしね。虫はトンボとアブだもんね。
 来年はハイシーズンに訪れたい渓相でした。



8月19日(K川)
ヤマメ 22前後×数匹
#14 胸赤アントパラシュート

 今日は数時間の休日出勤。
 で、その前にフリフリしてくる事に。

 まずは本流で大物を狙いますが、撃チ〜ン。ちびっ子しか釣れません。
しかし、同時刻に別のポイントに入渓している某B氏が5匹目の40UP!!
 ま、マジっすか!?何が違うんすか!?オイラにゃぁ、そこそこのサイズのアタリすらないのに、B氏は40UPの他にも尺絡みを1匹バラしたそうだ。
 ムムム・・・今度レクチャーお願いしなくてはっ!

 んで、今度は本流から山岳渓流に移動。
 #3ロッドで釣り上がります。
 水量はやや多めで、山女の活性も高そうな気配。しかし、ストーキングはかなり慎重にしなくてはいけません。魚を見つけてから、ちょっと遠めから狙います。フライは巻き貯めておいた胸赤アントパラシュート。
1発で仕留めて幸先の良いスタートです。

 時期的にはちょっと渋いと思っていましたが、豊富な水量に助けられました。エルクとアントで数匹のヤマメと遊べました。
 サイズはみな同じ位でしたが、ある巻き返しの底で、チビを追い回している巨大なヤマメを目撃してしまいました。時間も無いのでじっくり攻められませんでしたが、ニンフとか全然ダメなオイラなので、きっと結果は一緒だったでしょうね。







8月26日(K川〜某渓)
ヤマメ 32cm (Wet)
イワナ 20cm〜26cm×数匹 #14 エルク、胸赤アントP

 まずは本流モーニング。

 本当はこの後のカインさんとの新規開拓釣行Uがあるので、体力の温存と睡眠不足の解消に本流は予定に無かった。
 しかし・・・運動会の前日のように、楽しみでドキドキしちゃって3時前に目が覚めちゃった♪んで、眠れなくなっちゃったので待合せ時間の前に本流へ。

 日の出の時間が遅くなったので、ギリギリセーフ。厳しい季節のせいか人も少なめ♪虫は・・・お留守? とりあえず、ドロッパーに#6ピーコックジャック、リードに#10シルバーマーチブラウンで釣り下ります。
 まぁ、予想してましたけど当たりは全然ありません。しかし、辛抱してゆっくりゆっくり、いつもの半分のペースで下っていくと、ゴツッと来ました♪ググッと来た後、リールが数回逆回転したので一瞬期待しましたが、巻き取り始めると休む事無く手元によって来ちゃいました。
 とても尺上には見えない、32cmヤマメ。ハイーズンと比べるとかな〜り痩せてます。でも、久々なのでちょびっと嬉しいですな。


 そして、新規開拓釣行U。
 
 1本目の渓は、かなり深く、獣が出そうな雰囲気。クマ鈴携帯して進みます。 反応はあるけどなかなかフッキングには至らず。
 そんな中、途中には謎の岩が!!

 暫く歩いてからなんとか2匹。でも、放流魚っぽい・・・。ここまで来てはちと悲しいかも。核心部はもっと上流なのかなぁ?他にも気になる渓があるので、今回はその上流はパスすることに。

 2本目の渓は結構デンジャー!しかし、入渓直後に魚影が走る♪
 しかし、ちょっと振りずらい場所が多いかな。流れの肩に付いているのが殆どだが、なかなか上手く流せないっす(悲)。来年までにボーン&アローキャストをマスターしなくてはね。

 もちろんここのは天然でしょう♪小さくても良い引きしてました。

 今度はもう少し上流を探ってみたいなぁ。次はロープ持参かなぁ(笑)
ヤマメ 30cm
#14 ロイヤルウルフ

 上流部へお師匠と新規開拓釣行。
 オイラが殆ど先行で釣り上がるにもかかわらず、後からお師匠の歓喜の声が・・・!流石っす。オイラはバラシ連発、見切られ連発でノーランディング(涙)
 移動しても釣りになるような沢でなかったりで、諦めムードで再移動。
 今度はまだ尺った事の無い、いわく付の渓。ここもいろいろ叩いてみたけどノーフッキング。でも、最後の最後で神様降臨です♪
 プールの流れ込みでバシッと出ましたっ!ガンガン走りまくりの引きまくり♪#3ロッドがギュギュと絞られました。体高十分、体色もそろそろ秋の装い、顔もオスっぽいし、デカヒレピンで久々に痺れました♪写真は上手に撮れなかったのが残念。やっぱ、山岳渓流のドライも楽しいやねぇ〜♪

9月2日 (O沢)
イワナ23cm位を数匹
#14 ピーコックバジャー

 なんだか急に秋らしくなってきました。
 朝はめちゃくちゃ寒いし、空はいつもより高く感じます。

 前日に奥様にダダをこねまくり、単独釣行に来ているカインさんと合流です。
 朝一はちびっ子ヤマメ数匹と遊んでもらい、合流してから気になる渓へ。

 まずはカインさんに1匹尺って貰おうと先行してもらうと・・・いきなり出ました!!マジっすか!1撃です♪こんなとこであんなイワナがっ!スゲッ!!

 後々期待は膨らみますが、ん〜〜、そんな簡単には行きません。
 でも、季節の割には意外と反応が良いです。
 オイラも数匹のイワナと遊んで貰いました♪

 ここの渓のイワナは斑点が小さくオイラ好み♪綺麗な奴ばかりだったので、来年にも期待ですな!

9月9日 (K川)

 もうすぐ禁漁なので、足掻いてみました。

 早起きをしようと目覚ましをセットしましたが、どうやら止めて2度寝!
 目覚めた時間は急げば朝マズメにギリギリ間に合うかどうか!?
 禁漁も迫っているので、いつもなら諦めるけど今回は頑張ってみました。

 どこに入るかいろいろ考えながら車を飛ばします。

 現地に到着するとすでに車が・・・目ぼしい所は知合いの車が!
 やはり一足遅かったっす。しかし、みんなもスキやねぇー!(笑)
 仕方ないので、空いているポイントを探し入渓しました。

 まぁ、尺クラスは実績のある所なんですが、出たのはおチビのみ。
 ライズは1つも無しでした。残念!
9月10日 (K川)
ヤマメ 25cm・29cm
◎D:#8グレートセッジ R:#10グリンウェルズグローリー

 昨日はなんとなく不完全燃焼だったので・・・つーか、良いのが釣れないと不完全燃焼だわね(笑)・・・昼間、寝ないのを条件に、もう1度朝だけ行かせてくれとダダこねてみました。冷ややかな目線になりつつもOKを出してくれた奥様に感謝です!

 そして、気合をいれてモーニングに挑みます!
 途中でリポDを購入し、釣れるまで釣り下る決意をしました。
 もちろん、お腹に大ナマズを抱えるオイラはリポDライトだけどね。

 今回は先行者は居ないようです。
 薄暗い河原に降り、水面を覗くとヒゲナガのシャックが結構有ります!
 ムムム・・・いつハッチしたのだろう・・・すでにハッチのプライムタイムは過ぎているのは確かのようだ。

 しかし、ちらりちらりとまだヒゲナガが残っているようなので、ドロッパーに#8グレートセッジ、リードに#10グリンウェルズグローリーで釣り下ります。

 アタリは何度か有るものの、乗せれません(汗)
 相当下ったところで、やっと1匹出ましたが、25cmくらい(悲)
 そこで下るのは諦め、汗だくになって入渓点に帰ります。
 通常なら諦める時間帯ですが、今日は霧雨でどんより暗いです。

 最初とは逆の岸から狙う事、一流しめの流芯でゴツッと乗りました♪
 ローリングの後、下流に走る引きは正に尺上っ!
 段々、岸に寄せて来ますが、走る時以外は結構軽いです・・・。
 ありゃ?スレだったかなと思いましたが、ガッチリ下アゴにフッキングしてました。サイズは残念ながら泣き尺。

 結構引いたから尺はあると思ったのになぁ〜。残念。

 今週は雨続きになりそうだから、本流はラストかもしれないっすね。
 せめてもう1度チャンスが欲しいところですなぁ。。。















9月ラスト釣行 (H沢・U沢・K川・D川)
#12〜14 ピーコックバジャー、ロイヤルウルフ
D:#8マドラーミノー ◎R:#8ダンケルド


渓流シーズンも残りわずか。
本流は大増水でかなり厳しそうという事で、山岳渓流に行って来ました。

 まずは某I師と行った渓。
上流部なので水量も丁度良い感じ。入渓地点から魚が走る姿を目撃。ちょっと期待♪交互に釣りあがってポツポツと釣れてくれました。
 渓を変えて、釣りあがりますが今度は反応が無〜い!暫く上がって行くと、ゆっくりとフライを見に来た魚がっ!おっ!尺くらいのヤマメがUターン。ガーン。ショック。それっきり魚は見えませんでした。

 そして、今度はカインさんと行った渓。こっちはさらに反応が無いっす。こんなに反応が無いのも珍しいくらい無いっ(涙)
 でも、暫く釣り上がったところでデカイヤマメがユラユラしているのを発見!テンション上がりますが、魚はやる気ゼロ!いつのまにか居なくなってました。
 こうも反応が無いと集中力が切れてきます。忘れた頃に出てくるチビもフッキングできません。もー、辛いっす。泣けてきます。
 もう諦めムードで、ポイントを適当に3回づつ流して釣りあがって行き、居ればこんなとこかも〜なんて思いながらフライを流しますが、やはり反応無し。そして、次に行こうと足を踏み出した時・・・今まで流していたポイントからかなりデカイイワナがにょろにょろっと深場に潜っていきました。
 ショック!ミッタンショーック!ガックリです。
 完全に尺は超えてました・・・アハ・・・アハアハ・・・アヘアヘアヘ。
 もう笑うしかありません。

 きっと、来年また来いと言う川からのお誘いだと思って今回は諦めることにしました。きっと、きっと来年こそはっ!


・・・ここまで読んで、ピンッと来た人はスバラシイ♪
大抵、ダラダラと長いエントリーにはサプライズが付き物です。

 そう今期渓流ラストはD川です。
 つーか、今年のオイラはかなーりしつこいっす(笑)
 本流が増水して危険な為もありますが、支流にも大物が刺して来ているかもしれません。
 今期は殆どやらなかったD川ですが、サーフェイスの史朗さんの「俺だったらD川だな。」の言葉に背中を押されました。
 本流と同じタックルのwetで釣り下ります。
 ちらりとヒゲナガを見かけたので、ドロッパーに禁断の#8マドラーミノー、リードは#8ダンケルドです。
 毎年、渓相が変わるD川ですが、昨年から特別な大水も無く、川沿いには葦などのブッシュがもっさり生えています。これなら魚もストックされやすいでしょうな。

 1回目のランはチビの猛烈なアタックばかりで、やはりダメかと不安になります。2回目のランでは流れ込み脇の深場あたりでモゾモゾって感じのアタリが2回!今までのチビのプルプルとは一味違う感じです。
 ちょっと時間をおいて、そのアタリがあった辺りにフライを流し込み、ゆっくりターンを始めると・・・ググッ・・・ゴンッゴンゴンと乗っちゃったみたい♪
 しかも、増水している流芯に入られ、リールが逆回転しまくりです♪
期待して寄せると、尺は超えているようです。
 ランディングネットを差し伸べると、なんとランディングミス!
しかも、ドロッパーがネットに引っかかり、魚がネットに収まってくれませんっ!
 うっわ、ヤッベ!ここでバラしたら本当に泣くぞ!
 なんとかテンションを保ったままハンドランディング成功♪ガッチリダンケルドを咥えていてくれました♪
 34cmのオスヤマメ♪
 ウッヒョー♪最後に厳ついオス面はかなーーーり嬉しいっす。オスフェチのオイラにゃ、もー、タマランです。
 大満足の有終の美を飾れました。ヒッヒッヒ♪









11月5日

連日のエントリーです。スゲッ!
今年も恒例の丸沼へ行ってきました。
今回のメンバーは、カインさんリトルさんとも。さん
ボートでプカプカしながら、ライズバシバシのバコバコの予定(笑)

朝5時に集合しますが、まだ暗くて入漁券売り場も開きません。
暫く立ち話で冷えきります。
辺りが明るくなりボートでくり出しますが、紅葉は完全に終わり、冬到来です。
もっと防寒グッズ持ってくるんだった...

重たーいバッテリーを運びこんで、カインさんリトルさん組と、ともさんオイラ組の2艘でライズを求めて出発です。
とは言っても、虫も出なけりゃライズも起こりません。
なので、最初はボートから岸近くで沈めて引っ張ります。

繰返し引っ張っても魚のアタリは1回のみ。フッキングには至りませんでした。釣れたのはデカイ枯葉のみ。空き缶か長靴だったら単独エントリーですが、中途半端なので画像は無しです(笑)

日も大分高くなってきたので、ダムサイトへ移動です。
もちろん出し惜しみなく必殺技も使っていきます!
ラインはタイプUのフルライン。フライはサイドにジャングルコックを使ったマラヴーオリーブ。
ライズも無いので、そんなこんなを繰り返しているとラッキーな事に掛かっちゃいましたが、かなり痩せてるニジ君。こいつはA面B面グーを握ってました。
そんな中、ともさんの重量感のあるロッドにずっしりと来ました!
いきなり50UPレインボー♪みたいなー。
胸鰭もちゃんとあるし、尾鰭は完全にヒレピンじゃん!みたいなー!
尾鰭アップの画像が無いのが残念!みぃたいな〜(笑)

ともさんはもう満足だと言うので、集中してオイラのロッドに念力を送ると、今度はB面グー虹君。結構良い引きをしていたのに残念。
さらに念を送り続けると・・・
嬉しい事にちゃんとしているのが掛かってくれました。
すかさず水中で記念撮影♪

風が出てきたくらいに上陸して、昼食をとりながらFF談議に華を咲かせます。これが今回の本命、楽しい一時を過ごす事ができました♪

そろそろライズの時間では?と再度ダムサイトに移動しますが、ほんのチョビットだけ・・・運良く魚がフラフラしているのを発見したので近くにエルクの#14を落としてやると、まんまと食いました!ヤタッ♪
しかし、後が続きません。時々見かけるライズはちと遠い所。
風も強くなり、波が治まらなそうなのでギブざんす。

ラストは暗くなるまで話し込んで解散です。
久々にみんなと話せて楽しかったなぁ♪
1日が短く感じました。
またみんなで集まりたいなぁ〜!

Paraさんkitaさん


【蛇拳の達人さん&HARUさん


カインさん


ベッチ


へちいさん、カインさん、kitaさん、ミチさん
12月10日

レイクウッドリゾートにて、オフ会やってきました。
オフ会といっても、「釣りでもしながらおしゃべりしましょ」みたいなダラダラとしたもんなんですけどね(笑)

それでも、結構楽しいんですよね。
天気も良かったので、あまりガクガクブルブルは無かったっす。
でも、ポンドは込んでいました!

オイラは朝一からだったので、場所はとれましたが、8時半頃から来た人はあまりの込みように帰ってしまった人も。

ドライにはちょっと渋かったようですが、沈めると結構釣れていたようです。
反応は黒っぽいマラブーが当ったみたい。虹君のサイズは小ぶりでしたが、イワナやF1は結構良型も釣れました。

ちょっと遅めのランチはカフェで、釣り話をしながらワイワイと頂きました。今回のペペロンはちとしょっぱかったなぁ(笑)ビールが欲しかったけど、グッと我慢しました!

本当はブラウンの早掛けで、ハルさんから自作ハーフフィチャーの賞品があったんですけど、みんなに伝わってなかったようなので、次回に持ち越しと言うことでっ(笑)勘弁してちょ♪

みなさん、お疲れ様でした!
また、どこかで集まりましょうね♪

copyright(c) 2001-2006 mittan all rights reserved.