Topへ戻る。
1月 3日  (宇都宮イ○ターレ○ク)  水温?℃  晴 
レインボー 数匹  #10 マラブー etc

 今日は釣り初めと言う事で、管理釣場に集まる事に。メンバーは向かって左から、Paraさん、senちゃん、Yamameさん、nobuさん、オイラ。そして写真撮影してくれたカインさんの計6人で集まった。最初は大芦川付近の某管理釣場に集合したが、人数制限のためNG。気をとりなおして人が少なそうな宇都宮の管理釣場に移動。案の定、人は少ない。そして魚影も少ない・・・。いやな予感がしたが、釣り始めて暫くするとポツポツと反応有り。ボは回避できそうだ。釣れた魚は型は小さいがちゃんと胸鰭のあるレインボーばかり。「ニジやん」じゃなくて良かった(笑)。一応キャスティング練習も兼ねたつもりだったが、やっぱり何となくうまくいかない。その内、誰かレクチャーしてくださいな!
 今日はみなさん遠いところお疲れ様でした。今年も宜しくお願いしま〜す!

ランディングする
nobuさん

イワナ?F1?

初めてのブラウン
 ここの魚は殆んどがヒレもしっかりしていて綺麗でした!
1月12日  (レイク○ッドリゾート) 水温? 晴
レインボー数匹 ブラウン、イワナorF1  
#18〜#8 ドライからマラブーまで色々

 今日は3連休の最終日。nobuさんと大芦川近くの管理釣場へ。朝一から始めると大きめのドライに結構反応する。1匹釣ったはいいが、後が続かない。すぐにフライになれてしまうようだ。フライをとっかえひっかえ苦戦するなか、隣りではnobuさんがドライでビシバシ釣上げている!少々焦りを感じつつ、早々に沈めモードへ変更。しかし、マラブーに余り反応が薄い為、○沼用に作っておいたメルティースカッドを投入。これが中々Good!マラブーに見向きもしなかった目の前のコンディションのよさそうなイワナを狙うと数投目でパクリ。イワナなのかF1なのか微妙なのが釣れた。オイラごのみの顔してまっす。ニジ以外が釣れるとなぜか嬉すぃ〜。
 お昼はカフェでパスタを頂く。これが結構まいう〜。nobuさんの注文したチキンカレーもうまそうだったなぁ。釣行では久々の贅沢な昼食となった。
 そして、午後になると案の定風が強くなってきてメチャ寒い!風の影響が少ない辺りで釣っていると、HARUさんと遭遇。ここの必殺フライを頂いちゃいました。ありがとうございました!
 夕方にはユスリカのハッチがあり、#18位のドライで結構遊べたので、中々満足のいく1日でした。しかし、隣りの兄ちゃんはかなり爆ってたけど、何使ってんだろ?
3月12日 (D川) 水温6℃ 曇 イブニング
チビイワナ    #12 CDCウイングカディス

 3月1日解禁のD川下流部だが、気温が上がらないせいかハッチも少なく昼休みにも殆んどライズが見られない日々が続いていた。
 先日イブを試みたが結果は15cmほどのチビヤマメのみ。UPする気力もなかったが、良型はいつ釣れるか解からないので今回一応UPしてみました。
 昨日、K本流よりも一回り小さいヒゲナガらしきカディスに対するライズを目撃したため、今日は肌寒いがイブニング決行。じっとライズを待ちスプラッシュライズ2発目で竿をだしてみる。魚のサイズは小さそうだがとりあえず1匹釣りたかったので何度か流してキャッチ。その後、寒くなったせいか5分ほどでライズ終了。やはりこの時期昼間の気温が大きく影響するようだ。
3月14日 (D川) 水温6〜7℃ 晴/曇
ヤマメ 20cm位  #18 ブラックパラシュート
ストマック:コカゲロウのニンフ、ユスリカピューパ 
ハッチ:シロハラコカゲロウ、ユスリカ、オオクママダラ少々、マルツツトビゲラ

 今日はParaさん、nobuさん、カインさんと久々のD川で待ち合わせ。先にParaさんと合流し、すでにライズを狙っているParaさんの下流に入れてもらう。すると何発かオイラの目の前でもライズするではないか!早速、ユスリカ系のフライを結び狙ってみるが、反応するがフッキングに至らない。1度出てしまったフライには無反応になってしまったので、フライをローテーションしながらやっとの事で1匹キャッチ。しかし、次へ続かない。しかも、昨日の「飲み」の影響か頭が軽く痛いし、胃もたれもする。風が強くなってきたのでみんなとモスでイブ前の休憩。みんなそれぞれ思い思いのポイントに入るが、オイラは調子が出ないので大事をとって帰宅。ん〜残念!
3月31日 (D川) 水温8℃ 晴 イブニング
チビヤマメ×2、イワナ26cm×2?  #14 ガガンボパラシュート

最近天気の良い日はイブ出撃してはいるが、20cmにも満たないヤマメばっかりだった。すでにこの時期でもイブニングではガガンボなどのハッチがありライズもポツポツ。特別大きそうなライズは見られなかった。しかし、今日は川に付くといきなりちょっと良い型っぽいライズ発見!早速ハッチしているだろうガガンボパターンを結びキャスト。すると1発でHit。中々元気な引きに期待を込めランディングするとお腹がパンパンのイワナ。写真を撮りリリース。続けてヤマメ2匹を追加し、暫くイップクした後、最初のポイント付近を流すとまたもやイワナっぽい。型はまぁまぁだけど最初よりは引きが弱い。ランディングした奴は非常に最初のイワナに似ている・・・。1時間もしない内に同じ魚か・・・。複雑な心境で今日はお終いとした。
4月2日 (D川) 水温9℃ 雨/晴
ヤマメ18p〜23p×12匹  #16 クイルゴードン
ストマック:コカゲロウニンフ、クロツツトビゲラアダルト、シャック他
ハッチ:コカゲロウ、ガガンボ、クロツツトビゲラ?

 今日は朝から雨、昼から晴れて湿気のあるちょっと暑い日になった。川に着くと予想どうりいつもよりハッチが多いようだ。期待を込め釣り上がる。思いどうりの釣りが出来たがサイズはいまいち。そして今日は多くは語らない。なぜなら平日。秘密で有給。これを見た方、自宅には連絡しないように!宜しくお願いしま〜す!
4月17日 (K川、D川) 水温9℃ 晴
K川:ヤマメ21前後×2匹  #14 クイルゴードン
D川:ヤマメ24cm       〃

 今日はカインさんとYamameさんとK川釣行。朝8:00に待ち合わせ出発。
 現地に着くと目的の沢は水量が無いうえに先行者多数・・・諦めて本流を釣り上がる事に。
 しかし、気になっていた風が思ったより強く、まともにターンオーバーさせられない。こりゃダメかなと思い少し上流に入っているカインさんに電話すると、「釣れたよ〜」との事!な・なんと!これは風は言い訳にならないぞと思いスイッチオン!居そうな場所を見つけて、風の合間を待ってキャスト。なんとか2匹釣ることができました。良型も見つけたがフライを直前にUターン。もうちょいだったのに残念。
 少し遅めの昼食を取り、D川へ移動。ライズを待つがかなり小さいライズ2つのみ。どっちかって言うと大きそうなライズを狙ってみる。多分20cm以下だろうその主はHitすると思ったより引くではないか!スレかと疑ってランディングするとしっかりフライを咥えた24cmヤマメ。チイサイズのはずなのに今期ヤマメの記録更新なのでちょっぴり嬉しかった。でも何か虚しさが残るのはなぜ???
4月24日 (K川) 水温8℃ 軽く吹雪
チビヤマメ #14 クイルゴードン

今日は突如奥様の釣行許可がでたので、先週のK川に行って見る事に。途中、お師匠にメールを入れて現場到着。AM8:30頃から入渓。最初は晴れていたがかなり肌寒い。暫く釣り上がって行くと何とか1匹チビヤマメが遊んでくれた。その後、ドライに反応が薄いので練習と思い、Wetに換えて釣り下がる。良い感じのプールでイメージどうりにターンした時にHitしたが、ばれちゃった。風が強くなり雪混じりになってきて、あまりの寒さにギブアップ。お昼にお師匠と合流しビールを頂いて居る時に、対岸の沢に向かうフライマンらしき人影。後から聞いたのだがミチさんだったらしい!今度はご一緒しましょう!
4月26日 (K川) 水温11℃ 晴/曇 イブニング
ヤマメ38cm  ロングシャンク#8 ヒゲナガアダルト
ハッチ:エルモンヒラタ・ガガンボ→ヒゲナガトビゲラ

 今日は昨日、一昨日と風の強い日が続いた後の穏やかな日。イブニングはちょっと期待が出来そう!DかKかかなり悩んだが、田んぼの用水で水量が減っているDよりKだと思い、足早にKのポイントに行ってみた。入渓するとすでにかなりの量のメイフライ。が、ライズはハヤのみ。イブになってからの初心者Wetでは流れ方が今ひとつ判らないので、見えるうちに流れ込みで数回イブ用イメージとして流してみるが、ポイント的にWet向きでは無いのか、やはりピンとこないのでライズが始まったらドライにチェンジすることにした。立ち位置を色々考えたが基本のUPクロスでライズを待つ。マズメにヒゲが出始め、いきなりスプラッシュライズ1発!もうちょっと魚が夢中になるまでと思い、タバコを1本吸ってからゆっくりと近づきキャスト!3投目、ナチュラルに流れ初めてすぐにボコッとでた!一瞬オイラのフライを食うはずがないと疑ったが合わせを入れると「うぉ!掛かってる!」。最初は泣き尺クラスがスレて掛かったかと思い、意外と落ち着いてリールファイトでランディング。でも上がってきた魚体を見てから心臓バクバク、膝ガクガク!1回目のランディングでネットに入らない!2回目で何とか尻からすくうようにネットインさせた。写真を撮ってる途中でトンズラされてしまったが、何とか撮影は出来たので一安心。尾鰭はヒレピンだが、胸鰭が裂けてたのが残念。しかし体高のあるプリプリも本流ヤマメに満足!
 流れではまだライズが続いているので狙ってみると2回ほど出るが乗らず。現場を離れるまでヒザがガクガクしていたのに後から気づき思わず笑ってしまった。
5月11日(K川) 水温14℃ 晴れ・風 イブニング
ヤマメ24cm #6 ヒゲナガアダルト
ハッチ:モンカゲ、ガガンボ、ヒゲナガetc

 最近チビッコ三昧なので、K川に行って見る事に。虫はかなりハッチしているようだが今日は風がちょっと強め。水面が波立ってライズが有るのかないのかわからないけど、無さそうな感じ。なので、ヒゲナガの派手なライズをひたすら待つ事に。マズメになっても風は止まないが、ライズがポツポツと始まった!しかし、以前ほどスプラッシュライズは無く、サイズも小さそうだ。狙うこと数投目、案の定掛かったのはこのサイズ・・・残念。ライズは10分程度で終了でした。
5月13日 (K川) 水温12℃ 曇ときどき小雨
ヤマメ20〜23p×3匹  
イワナ24〜26cm×7匹
ヒットフライ:#16スタンダード(黄) #14スタンダード(ピーコックバジャー)
ハッチ:ミドリカワゲラ、ガガンボ、ユスリカ、たぶんウルマーシマトビゲラ、クロマダラ

 今日は午後から休暇をもらい、お師匠と半日釣行。もちろん奥さんには出張と報告してある。
途中、お師匠おすすめの蕎麦屋で昼食をとりPM2:00頃入渓。二手に分かれて釣りあがる。入渓すると結構ミドリカワゲラがハッチしている。システムの準備をしていると目の前でライズ2発!早速写真のヤマメが飛び出した。ボウズの呪縛がとれたのでブラインドしながら小さなポイントも逃さないように落ち着いてフライが流せた。結果、中々良い思いをしながら目標の地点で終了。お師匠に電話してみると、45cm位のヤマメが出たが写真を撮る前に逃げられたとのこと!「マ〜ジっすかっ?」と話を聞きなおすと、どうやら気が動転してたのか25cmを45cmと言い間違ったらしい・・・ビックラこいた!
引き続き粘ってみるとの事なので、オイラは少し下流で遊んでいる事に。そして暫くすると携帯が鳴った・・・!?お師匠からだ。電話に出ると「やりましたっ!イワナ31cmです!」と・・・またまたぁ、今度は冗談言ってらと思ったら本当らしいっ!流石お師匠・・・おめでとうございます。
目標のノルマに先にリーチを掛けられてしまった。オイラも頑張らなくっちゃ!
5月22日 (D川) 水温? 霧 イブニング
ヤマメ25cm  #12 エルクヘアカディス

今日は夕方からカインさん達ランディングネットビルダー仲間のオフ会があると言うのでお邪魔する事に。その前に久々にDイブでもしてみようと会社の前に入ると見覚えのある車が・・・カインさんにメールで問合せるとやっぱりりょうたんさんらしい!ポイントに入ると杢庵さんとりょうたんさんに遭遇した。少し上流のポイントを譲ってもらい、ひらきでライズしていた1匹をGet!苦手のエルクをガップリ食ってくれた。しかし今日は天気のせいかライズの時間はかなり短かった。
 イブニング後、カインさんの到着でオフ会スタート。時間が経つごとにメンバーが集まってきた。今日お会いできたのは、カインさん、りょうたんさん、杢庵さん、Kitaさん、ゾニィさん、ひじきさん。楽しいひと時をありがとうございました&突然のお邪魔ですいませんでした!また遊んでくださいな♪

5月30日 (??川) 水温10℃ 晴れ
チビヤマメ数匹  #18 ユスリカアダルト、#16 クイルゴードン
ヤマメ 29.5cm  #12 エルクヘアカディス
ハッチ:ユスリカいっぱい、ミドリカワゲラ少々

 今日は朝から暑く、予報では日中30℃を越えるとこも有るとの事。なので今日は山岳渓流を叩き上がることにした。入渓は9:30、十数年放流のない河川だ。確認できる虫はユスリカのみ。魚影は昨年よりも確認できる。しかもヒラキに居るので先行者も居ないか相当早い時間に入ってるとみた!しかし淵々のヒラキに着いている魚は中々シビアそうだ。見には来るが食いが悪い、ユスリカだけを選んで食っている。
 何とか釣れたのはやはりチビッコ。渓を進むごとに魚影は薄くなる。最後のポイントの前で昼食を取りながらライズを待ってみるがまるでなし。フライをとっかえひっかえ流していると黄色い魚体が1発ライズ!しかし、それっきりだった。多分イワナだろう。昨年の某河川のイワナを彷彿させるカラーだった!残念。
 気を取り直し、もしかするとポイントが深く、魚がフライが小さく見つけにくいのかもと思い、諦めムードで#12エルクを2,3回流すと淵の底から大物らしき影がフライをひったくった!釣り上がり用にサーフェイスで組んでもらったバンブーが気持ちよく曲がってくれる!ドキドキしながらランディングしたのは何回測っても尺にはわずか届かないヤマメ!しかし、エルク苦手意識をなくしてくれた貴重な1匹だった。本流も良いけど山岳渓流も気持ちが良いね〜♪

copyright(c) 2001-2006 mittan all rights reserved.