Topへ戻る。
5月1日 (D川) 水温? 晴 イブニング
イワナ18cm #16 クイルゴードン

 今日はカインさんと高野さんとイブニングで合流。ライズがありそうなポイントで話をしながらライズを待つ。すると予定の時間あたりに1発ライズ確認。そろそろなので、オイラは少し下流で叩いてみることに。すると底石にノロがついているようなフラットなプールでヒゲナガを食ったような激しいライズが2発!こんなところにも居るんだなぁ〜と思いながら。ライズがあった辺りにフライを落とす。さっきのライズは魚体が完全に見えたので24,5cm位はあるだろうと期待していた。が・・・1投目ライズポイントを通りすぎたところでディンプルライズでHit。ありゃ、さっきのライズの主では無い・・・。ちっちゃいイワナが釣れちゃった。その後は反応無し。残念。
5月2日 (D川) 水温13℃ 曇 イブニング
イワナ22cm #16 クイルゴードン

 今日は風も無く良い感じの天気。入渓するとすぐにエルモンヒラタを確認。続いてオオクママダラのダンがポツポツと流下しはじめた。モンカゲのスピナーも飛んでるし、一気にハッチしはじめた感じだ。期待どうり早い時間からライズが始まる。が、もう少し夢中にさせてから爆釣計画で少し下流の流芯でイワナを1匹Get。そろそろ良い頃なのでさっきのポイントに戻ると、あっちこっちでライズライズライズ!もう釣った気になってフライを流す・・・がっ!?ありっ?食わない。フライも色々試すがHitしない。やばい・・・。あまりにもライズするのでもぐら叩きのようになってしまっている。案の定、かすりもせずライズ終了〜〜(悲)。せめてストマックでも見とけば良かったかも。
5月7日 (D川) 水温12℃ 晴 イブニング
ヤマメ 28cm  #16 クイルゴードン

 世間ではゴールデンなウィークだったらしいが、オイラにとっちゃ釣りに行くチャンスが少なくなるので全然ゴールデンな週ではなかった。そのうっぷんを晴らすべく昼休みからラインの手入れにも気合が入る。そして17:40入渓。狙っていたポイント付近にはルアーマンが1人!どっか移動しないかなぁ〜なんて思っていたら、すぐに車で上流の方に移動してくれた。すかさず狙いのプールでライズを待つ。が・・・先日のような量のライズは無い。かなり小さいディンプルライズがポツポツ。先日はもぐら叩きになってしまい失敗したので、今日は同じ場所で3回ライズしたらそこを狙うと決めていた。緩やかな流れの真中の沈み石付近で15cmもなかろうと思われるライズが1分おき位に3回。流れの奥でも定位したヤツがライズしているが手前からやっつけに入る。流す事2回目。ライズと同じように反応した!フッキングした直後、予想していた引きと全然違うのでスレたかと思いながらランディング。良型のヤマメでした!フライもガップリ食ってる。嬉しい1匹でした。ストマックを取るとフタバが殆んど。その後、フタバのソラックスダンにして流してみるが撃沈。うぅ、今のところパイロットフライでしか釣れてない・・・。
5月8日 (D川)  水温10℃ 曇 イブニング
イワナ 22cm  #16 クイルゴードン

 今日は先日から良いライズが確認できているプールへ。しかし、今日は中々ライズが始まらない。7時頃になるといくらかディンプルライズを確認。しかし、ライズポイントに流し込んでも反応無し。フラットなところは諦め、流れ込みの流芯にフライを乗せてみる。すると、1回目に反応有り!続いて同じようにレーンに乗せるとヤマメのような食いっぷりで出た。中々引くので期待したが釣れたのはいつものサイズのイワナ。大物ライズは対岸ギリギリで1発確認できたが反応せず。明日に期待しよっ。
5月10日 (D川) 水温12℃ 晴
ヤマメ 15cm・22cm  #16 クイルゴードン

 今日は午前中ダラダラとしていたら、「釣りでも行ってきなっ。」と不機嫌な奥さんからの天の声。気が変わらない内に出発。イブは出来ないがD川の支流へGo!しかし、思ったほど水量がなく、あまり期待はしないで釣り上がる。中々反応してくれなかったが、何とか小さなポイントでチビヤマメをGet。今日はサイズは期待できないがもうちょっと良型が欲しいところだ。もうすぐ沢を出なければならない所の手前のプールに来た時、やっとライズがあったので狙う事に。足元に居た稚魚が走ってしまったが、ライズは1発で取れたので安心した。その後、D川に戻り、少し叩いてみるが昼間の反応はやはりダメ。帰りに三平フィギアを6個購入し、その内全5種類が揃ってしまった!残すはプレミアのみ。だぶった物はParaさんにでもあげる事にしよう。
5月15日 (D川) 水温14℃ 晴/曇 イブニング
イワナ 22cm #14 エルクヘアカディス

 最近、良いライズはあるものの釣りあげられない。フッキングしてもバラしが続いていた。
 今日も茂名時ポイントで先日バラした大物を狙いに足早に入渓。そして時が来るのをじっと待つ。すると、ライズ時刻と同時にテンカラ師が釣り下がってきた。ポイント大きいので仕方ないが、早々に流れ込みでフッキングしたようだ!しかもデカそう。やっとこタモですくった様だが、対岸からみても尺上はあると思われる。ショック!しかも袋に入れてポケットイン!ショックゥ。時々袋がゴソゴソと動く音が聞こえてくる。ショーック!ガックシ。その後、3回ほど続いたライズがあったので何とか釣る事が出来たが、不満じゃ。色々な場所で時々ライズするが続かない。天気のせいなのか虫の少なくライズは日に日に減ってきている感じ・・・。
5月16日 (D川) 水温9℃ 霧雨 イブニング
ヤマメ 26.5cm #14 キャメルのスタンダードパターン(フラッシャーリブ)

 昨日のショックのせいなのか昼間から続いている雨なのに5時に霧雨に変わったので自然と足は川に向かっていた。気温も低いし、やや風もある。川にはオイラの他に人は見当たらない。
 奥さんに対する罪悪感と、ライズがあればチャンスかも・・・と言う期待を繰り返し7時。待望のライズが2,3発!待っててよかった!が、釣れなきゃ意味が無い。緊張しながら慎重に狙うがディンプルのヤツは水面直下を食っているのか反応してくれない。暫くすると目の前の沈み石付近でライズ!これは1発で反応してくれたが乗らずにライズ消滅。すると今度は真ん中よりやや対岸寄りでチビッコと思われる極小ディンプルライズが2発続けて!これは無理せずややウェーディングして近づきそっとUPクロスでレーンにフライを乗せる。すると1発目に出た!思ったより良い引きだ。ローリングするそいつは良型のヤマメ!久々に嬉しい1匹でした。
5月17日 (??水系) 水温9〜12℃ 晴/曇
イワナ20〜22cm×2 #14 ブライトシーダー
イワナ25cm       #14 クイルゴードン

 今日はお師匠のiwameさんと久々の福島釣行。AM5:30会社に集合し出発。8時半頃に某沢に入渓。入渓時水温は9℃。交互に釣り上がって行くことに。お師匠も初めての渓なので魚が居るかがちょっと心配だが、早速お師匠に反応があったようだ。オイラは暫く反応無し。堰堤を高まきし、最初のプールでお師匠が2匹目をGetしたので、ちょっとオイラ優先に上がらせてもらうと最初の反応がやっとあった。続いて流れ込みの巻き返しの渋い所でライズ発見!何度も挑戦してやっとかかったと思ったら痛恨のバラし。昼頃活性が良くなってきたようだ。昼を食べに帰る途中、1匹釣れたが撮影中トンズラ。そして、さっきの巻き返しポイントでさっきよりやや大きめのサイズをGet。綺麗なネイティブイワナ。写真より朱点が鮮やかだった。綺麗なイワナはサイズが上がらずとも嬉しいやねぇ。昼は釣行恒例の酒盛り?で暫し和む。午後に移動してみるが反応は無かった。帰りに下流域でイブしていくことに。ここ数年あまり釣れなくなってしまったイワナを取ることが出来、満足。夢中になってしまい、帰りの予定時間が大幅に遅くなってしまった。案の定、奥さんはかなり厳しい表情であった。次の日の日曜に1日ホストにっ徹し、何とか許してもらう事ができたのでホッした。釣りを自粛しなくてはならないのだろうが・・・出来ねぇ・・・。
5月22日 (D川) 水温16℃ 晴/曇 風 イブニング
イワナ 23cm  #12 エルクヘアカディス

 暫くボが続いているので、今日は何としても釣りたい気持ちで一杯だった。最初はそろそろデカイのが・・・なんて思っていたが、そんな贅沢は言ってられない状況な気がした。たまにあるプールでのディンプルライズに暫くはまってしまうが、フッキングゼロ!暗くなってから流れ込みをエルクで狙ってみると元気にヤマメのようなライズ!よっしゃと思ったが、釣れたのはエルクをガップリ食ったイワナ・・・しかも小さい・・・。デカイのが出るはずなんだけどなぁ・・・。
5月24日 (D川) 水温12℃ 曇 イブニング
ヤマメ 23cm  #14 キャメルのスタンダード(フラッシャーリブ)

 今日は夕方Paraさんが来ると言う事なので、合流してからポイントに入渓。
 暫く色んな話で盛り上がっていたので、あっと言う間にライズの時間が来た。後から対岸にフライマンがちゃっかり準備を始めているとおもいきや、今度はすぐ近くにテンカラオヤジが入渓。広いポイントがかなり狭く感じた。一言も無いのはちょっと気分が悪いもんだ。そして早々に3匹程袋に入れてお持ち帰り。オイラはプールの方で、渋そうなディンプルライズにはまってしまったが、なんとかヤマメを1匹釣ることができた。その後、Paraさんがエルクに変えて速攻良型ヤマメをGet!見せてもらうとかなり良い体高のカッチョエエヤマメ!羨ましかぁ〜。
5月26日 (D川) 水温12℃ 曇 イブニング
イワナ20cm・22cm #14 ダークシーダー

 今日は会社の後、ビューネさん達と5:30に合流。早速、中流部のポイントへ移動。
 今日のビューネさん達のメンバーはたけちゃんとごのへ君。昨日と今日の昼間、男鹿川で遊んで来たらしい。二手に分かれてライズを狙う。早い時間からライズは有るが、まだチビッコばかり。7時頃になるとようやく良型と思われるライズがちらほら。何とかダウンぎみで流し込み、チビッコを2匹取ることができた。が・・・良型は出ない。ビューネさん達も数匹釣ったようだが、サイズは上がらず。あと2週間位で良くなるはず。なるかも・・・。なってほしい・・・。なってくれ!
5月27日 (D川) 水温14℃ 曇 イブニング
イワナ26cm・28cm #14 キャメルのスタンダード(フラッシャーリブ)

 今日は入渓するとやや濁っている。上流での工事の影響か、昼間上流で雨が強かったのかわからないが、程よい濁りのようだ。魚が無警戒にライズしまくるのを願いつつ、ライズ待ち。
 7時位になると流れの緩いところでチビッコライズが始まる。時々、それに混じって良型っぽいディンプルライズも有り!早速狙ってみると、まんまと出ました。26cmイワナ。するとあちこちで良い感じのライズライズ!急いでフロータントを施し流芯を狙うが、掛からない。ちょっと届かなそうな所では40cmあるんじやないの?って位のヘッド&テールを見せたライズ2発!モグラ叩きになってしまわぬ様、落ち着いて目の前の沈み石の後のディンプルライズを狙うと意外とデカイ!グイグイ潜りこまれて、ティペットが石に擦れる感触が!6Xなのでちょっと強引に寄せると尺は無いが良型のイワナ。その後もやってみるが興奮のため、案の定モグラ叩き・・・。

左からなっちゃん・ジェイク・たまちゃん
5月29日 (D川) 水温16℃ 晴 イブニング
ヤマメ 稚魚・20cm弱 #14 ブライトシーダー(オレンジ)

 今日は会社が終わると同時にサーフェイスの悟郎さんから着信。某F.R誌でお馴染みの女性F.Fなっちゃんとたまちゃんがプライベートで遊びに来てるとの事。史郎さんはすでに釣行に出かけているので、悟郎さんが店を空けられないとの事なので、オイラがガイドに。
 2人と合流すると、雑誌で見るよりもカワイイですねぇ〜。たまちゃんの愛犬の黒ラブのジェイクも大人しいくて良い子ちゃんでした。(写真では目が光ってしまってちょっと恐いですけど)
 入渓してライズの時間まで流れのある所で竿を出してみると、チビッコだが結構反応有り!が、中々フッキングしない。ライズタイムが迫ってきたので、堰堤下でハマらないよう声を掛けに行くと、なんとなっちゃんがHit。しっかりとイワナをGetしていた。目当てのプールではポツポツとライズはあるようだが、減水しているせいかちょっと渋い・・・。少し上流でなんとか釣れたがやはりチビッコ。しかし、2人といろいろ話が出来たので楽しいイブでした。オイラの奥さんもF.Fの楽しさを理解して欲しいもんですなぁ。
5月30日 (D川) イブニング
ヤマメ23cm・イワナ22cm
#14 エルクヘアカディス

6月2日 (D川) イブニング
イワナ20cm〜22cm×3匹
#14 ダークシーダー
6月3日 (D川) イブニング
イワナ20〜25cm×11匹
#14 ダークシーダー他
6月4日 (D川) イブニング
イワナ20〜23cm×7匹
レインボー23cm
#14 ランズ・パテキュラ他
6月6日  (D川) イブニング
イワナ21・23cm
#14 クイルゴードン
6月7日 (K川) 単独釣行
レインボー 23cm
ヤマメ 23cm イワナ 22cm
#14 ダークシーダー他
6月 9日 (D川) 水温14℃ 曇 イブニング
イワナ20〜24cm×7匹  レインボー20〜23cm×4匹 ヤマメ25cm
#14クイルボディパラシュート 他モロモロ

 最近数は釣れるものの、良いサイズが出てこない。居そうな所にはやはり人が付いているし、特設釣場の設置や河川工事が多いのが原因なのだろうか、良いポイントには人が集中してしまうようだ。
 今日は去年の解禁日に知り合った「スー」さんが仕事で近くに来ているとの事で、合流してお話する事に。暫しF.F談で盛り上がり楽しい時間を過ごさせて頂きました。7時頃になるとスーさんは帰らないといけない言う事で残念ながらライズ前に帰ってしまいました。機会が有ればまたご一緒しましょうね!
 それから10分位でライズがあちこちで!派手なライズもあるので「良型ヤマメ」かもと思ったら、ニジ君。とにかくライズを狙えば釣れる釣れる!11匹釣ったところで流石に良型が出ないこともあって帰ることに。下流に下りながらあるプールに近づくとそこそこサイズのディンプルライズ発見。下流に回りUPクロスぎみに狙うと1発で反応!久々のDヤマメ。しかしヒレピンじゃない・・。うぅ・・・・良型の綺麗なヤマメはどこにいるの?
6月10日 (D川) 水温14℃ 晴 イブニング
ヤマメ26cm  #14 ダークシーダー

 今日は久々に下流域を調査に。やはり堰堤工事が多い為か、魚っけは基より虫っけが無い。しかしながら、工事で川の片側に流れを移したため流れが1つにまとまり、大きなプールや深場が出来ている。暫く、新しくできたプールを眺めていると小さなライズ1つ。それから30分は見ていたが、それっきりだった。そこはあとでまた来ることにして、昔ながらの流れの残るところへ移動すると、すぐにライズ発見。元気に3回ほど。23位のヤマメだったが、狙うとラインが頭近くに落ちたようで反応なし。暫くするとヒラキで良型のディンプルライズっぽい。ダウンで流し込み1発!鼻っつら皮一枚でフッキングしていた。まぁまぁの型に一安心したが、その後はライズなし。魚影が薄い感じがするなぁ。
6月19日 (D川) 水温12℃ 晴 イブニング
イワナ20cm  #14 クイルゴードン

 暫く下流域を調査していたが、出てくるのは15cm以下のチビッコヤマメばかり。尺を釣っている人もいるので、居ない事は無いと思うが今年はめぐり合わせが悪いのかデカイライズは殆んど見ない。今日は久々に上流へ行ってみることにした。岩がゴツゴツしてて釣り上がりも悪く無いポイントなので、明るいうちから釣り上がってみる。するとチビだが結構反応あり!20cm位のイワナが釣れた。マズメになり虫が目立ってくると人も多くなってくる。すぐ目の前にいかにも券は持ってませんというようなルアーカップルに入られ、仕方なく堰堤上に。すると堰堤に落ちるギリギリの流芯で2発デカそうなライズ発見。ダウンで狙うこと2投目にHit!おぉ!デカイ!暫く格闘し何とか手前までランディング。ネットに入れようと少し釣上げたら、「ボトッ!?」な・な・なんとネットのフレームに当って落ちてしまった。自己最高クラスのヤマメだったのに・・・とほほ。しばらく立ち尽くし、言葉も出ない。やっと巡り会えた大物だったのに・・・。暫くこのショックからは立ち直れなかったっす・・・。ハァ〜。
6月22日 (某渓) 水温? 晴 
イワナ・ヤマメ数匹  #16・14 クイルゴードン他

 今日はnobuさん・paraさんとnobuさんのホームグラウンドの渓へ。とは言っても、前日のバーベQで飲んでいたため、案の定寝坊。1時間半遅刻。nobuさん、paraさんスンマセンでした!
 先に渓に入っていてもらい、後からTELを入れて合流。早速プールで釣り始めると・・・居る居る!イワナが川底に見えるじゃぁないっすか!しかし、中々渋く、アクションを与えてなんとか1匹。その後、3人で交互に釣り上がる。居そうなポイントでは殆んど反応してくれるので久々に楽しい釣りになりました!ガイド役になってくれたnobuさんに感謝です。先日のバラしも少し癒されました!
6月25日 (D川) イブニング
イワナ 22前後数匹
#14 クイルゴードン他
7月2日 (D川) イブニング
ヤマメ 22cm イワナ24・25cm
#14 ブライト・シーダー
7月3日 (D川) イブニング
ヤマメ 20cm前後数匹
#14 ブライト・シーダー
7月5日 (AのK川とDイブ) 水温14℃ 晴
ヤマメ20〜24cm×4匹  #14〜12 ロイヤルウルフ他
Dイワナ24cm          #14  ブライトシーダー

今日は何度か通いつつも、結果の出なかった渓に再び挑戦。最初の内は何の反応も無く、今日もダメかも・・・なんて思っていたが、何とかライズ1個発見し、20cmのヤマメをGet。イワナの渓だと思っていたのにヤマメだったのでビックリ。続いて堰堤下のプールで前回反応があったポイントを丁寧にトレース。するとヘッド&テールで黒い魚体が1発で反応!結構デカイ!しかし、フライを咥えてはくれなかった。手ごたえも無かったので、タバコを1本吸い心を落ち着かせ再度挑戦するが反応無し。諦めムードですぐ横の巻き返しにフライを落とすとディンプルライズ!今度は合わせOK。中々のファイトで楽しませてくれたのは黒っぽいヒレピンヤマメ24cm。背中の斑点が少なく、パーマークが多い。久々に綺麗なヤマメに暫しウットリ。余韻に浸りながら勝利のイップクをしているとふと背後に気配が・・・・振り返ると源流氏だか沢登りだか解からないが2人たっているではないか!この沢で人に会った事が無いので思わずビビッてしまった。先を譲り、オイラは入渓ポイントまでもどり、そのすぐ下流の堰堤の上のたまりを攻めて見ることに。そこの流れ込みで出たのは、ニジ君かと思う位の緑のかかったヤマメ達。写真では解からないが、本当に綺麗なエメラルドグリーンでした。同じ渓なのにポイントによってこんなに色が違うんだと感心してしまった。帰りにD上流でイワナを上げ、余り遅くならないうちに帰路についた。
7月15日 (AのK川) 水温12℃ 晴
ヤマメ 29cm  #14 ロイヤルウルフ

10日〜14日の4泊5日の新婚旅行を終え、15日は休養の為会社を休む事にしたが、奥さんには午後から会社と偽り、癒しを求め昼間釣りになるような渓に向かう。
 PM1:00に入渓し、釣りあがるが反応は薄い。やっとの思いでHITした奴もランディング中にバレてしまった。やはり、ウソついて来たのが悪かったのかと反省しながら下り、入渓ポイントより下流を最後の望みをかけてダウンでポイントにフライを流し込む。すると、流れが岸壁にぶつかる直前で頭1つ出してフライをバックリ!ランディングしながら見える魚は背中が茶色に見えたのでイワナだと思っていたが、ヤマメであった。ヒレはでかくて綺麗だったが、尾びれの上だけクシュっと丸くなっていた。なぜ?痩せているヤマメだがそのサイズにまぁまぁ満足。
7月16日・17日 (D川) イブニング
イワナ・ヤマメ15〜24cm 数匹
#14 ブライト・シーダー他

チビッコヤマメが非常に元気で狙うライズの前に食ってしまう。10匹前後釣って、そのなかの一番良いサイズが左の写真のイワナくらい。もう少し、良型が出ても良いのになぁ。
7月18日 (D川) 水温11℃ 曇 イブニング
ヤマメ15〜20cm×数匹 27cm #14 ブライド・シーダー

仕事が終わると、すぐに携帯に着信!ムムッ、Paraさんだ。どうやら仕事終了後、高速にのってこちらに向かって爆走中との事。群馬からDイブしに来るのは多分Paraさんくらいだろう。すごい執念だ!ポイントで待つとPM6:20頃、Paraさんと合流。話込んでいる途中にデカそうなライズを目撃!Paraさんの目がキラリと光り、二手にわかれて各々ライズを狙う。お互いチビッコ数匹と27ヤマメをGet!ヒレピンのD久々の良型。体高は無いが嬉しいサイズでした。これから少しは期待がもてるかな!?
7月23日 (D川) 水温10℃ 雨 イブニング
チビッコヤマメ2匹、ヤマメ27cm #14ブライト・シーダー

連日のようにチビヤマメのラッシュ!もっとデカイのは反応しないのか?
今日も雨だが真っ直ぐ家に帰る気はない。仕事が終わったと同時にHARUさんからTELが入り。合流することに。車の中でF.F談議をしながら雨宿り。ライズの時間を待つ。
 6:30になったので準備をし、堰堤の上下に分かれて入渓。さすがに雨でいつもよりはライズは少なめ。2匹のチビッコと遊び、少し場所移動。堰堤下の巻き返しのプールで良型っぽいライズを発見し、何とかGet!引きが強いので泣き尺コースかと思ったがこのサイズ。残念。
HARUさんはもう少し粘るとの事なので、先に帰らせてもらいました。
HARUさん、また遊びましょう!奥さんの目を盗んで(爆)!
7月27日 (某川) 水温11℃ 晴 
イワナ20cm位×2 24cm  #14 クイルゴードン他

 今日はParaさんとカインさん、りょうたんさんと4人で某川に。
 Paraさんのガイドで二手に分かれて釣りあがることに。オイラとParaさんで交互に上がるが反応が薄い。前日、結構雨が降ったのだろうか、濁りはほぼ無いが増水している。やっと見つけた魚もフライは食ったがランディングミス。岩下に潜られブレイク。この後の不安が過ぎったが、何とか24cmの白いイワナをGet。昼食後、20cmほどのイワナを2匹追加し、終了。午後の方が活性が上がったようだ。ガイド役に徹してくれたParaさん、ありがとさんでした。そして久々のカインさん、初めてのりょうたんさん、お疲れでした!楽しい1日を過ごすことができました。
7月29日 (D川) 水温12℃ 曇/雨 イブニング
ヤマメ23、25cm #14 グースクイル(ナチュラル)

 最近、Dイブではチビばっか釣れているので、何とかそこそこサイズを求めて下流域に。
 下流域は堰堤工事が数件行われているので、濁りと雨の増水が気になっていた。現場は案の定、濁っている。増水もしているので狙うポイントを岸際に限定し釣り上がってみる。するとライズの時間あたりになるとライズはしないいものの反応あり。早速23ヤマメをGet。続いて25ヤマメがフッキング!増水しているので引きはかなり楽しめた。もう1匹反応したがそれは乗らず・・・残念。どうやら魚はわりと居るようだ!工事のせいで虫が少ないのかライズは少なめ、魚体は痩せ気味でした。ハングリーなデカイの出てこ〜い!
copyright(c) 2001-2006 mittan all rights reserved.