Topへ戻る。
6月 2日  (D川)  水温10℃  晴  AM
ヤマメ 25cm・23cm・15cm  #16 クイルゴードン

 今日は午後から予定があるので、イブニングは出来ない為早朝から出動。
 朝3:30起き4:30入渓。マズメのライズを確認したかったが、すでに明るい。しかし、虫っけが少ない為、朝はライズは少ないと思われる。とりあえず、ライズ期待ポイントはまだ取っておいて、少し上流で遊んでくる。反応も無くライズ期待ポイントでやってみるかと戻り始めると、「ゲッ!!エッサマンが入ってる・・・」仕方なく場所を今まで行ってみたかった「馬返し」に移動。
 先行者は絶対に居ると思い中々足を運ばなかったポイント。案の定、奥の入渓ポイントには先行者有り。仕方なくそこから300m位下流から入渓。先行者も無い。
 岩影、流芯を丁寧に流すが、風がある為なかなかムズい。最初の居そうなポイントでは反応するが乗らなかった。暫く待って再度挑戦するがダメ。イワナ期待で来たがヤマメか?と思いつつ次の流れ込みへ。流芯に乗せると1発でHIT!23のヤマメ。その奥に岩のブッツケにライズするヤマメ発見。正面にライズするヤマメの横顔が良く見える。魚体は結構デカく見えたが、釣って見ると25cmだが色の濃いヤマメ。背中の点々やけに多く思えた。その後、居そうなポイントでは反応するが乗ったのはチビ1匹のみ。「馬返しファン」が居るのも良く解かった1日でした。
6月 3日  (D川)  水温14℃  晴  イブニング
イワナ 21cm×2・15cm  #13 ソラックスダン

 今日は昼間からピーカンで夕立が来ると予想していたが、6時になっても大丈夫そうだ。ライズを待っているとモンカゲスピナーが何匹か上下している。ダンもかなり目立って流れ始めるが、ナチュラルに流れていくヤツには食いつかず、羽をバタつかせるヤツにライズしてきた。同じラインにフライをダウンで流し込みドラッグをかけると1発で出た!が、やや小さめ・・・前にデカイ奴がライズしていた辺りだと思ったが残念。その後、大きそうなライズを待つが無いので、端っこのライズを2つ取り納竿。
6月 4日  (D川)  水温12℃ 曇  イブニング
イワナ 26cm     #14  コンドルクイルパラシュート
イワナ 34cm     #14  クイルゴードン

 今日は4時頃から夕立になり、5時過ぎには晴れ間が見えてきた。6時からのWカップはダイジェストで見ることにして、D川でVゴールを決めにいつもの時間に入渓し、イケスを作りながらライズを待つ。
 ここのところ感じるように成ったのだけど、水温がやや低めの時はライズは早い時間に始まる気がしていたので、6時半を回った頃からライズはまだ散発だがフライを流してみる。1投目ではイワナがフライを追ってきたがUターンをかまされる。でも、食いっけが出てきているようなので、続けて流れの筋を探ると26cmのイワナがひったくる様にフライを咥えた!中々の引きだったが、釣上げて見ると、尾びれの上側が半分無かった。
 タバコを1本吸い終えると、ガンガンの流れ込みで派手にライズする奴が居る!早速狙ってみるが1度反応して、その後反応することは無かった。そのライズは諦め、隣の流れ込みに探りを入れるとフライが通り過ぎた後、本物にライズした。フライを換えてもう1度流すとフライを追うように背中を見せて食って来た!フッキングするとメチャメチャ重い引きだ!何度も岩の底に潜り込まれそうになるが、流れの緩いところまで引っ張ってきてやっとこネットイン。「ゴ〜〜〜〜〜ル!!」頭のなかで何度も叫んだ!!久々にシビれるデカさ!測ると34cm。自己更新ですぅ〜。幻の3点目はオイラのネットに突き刺さりました!v(^^)v
6月 5日  (D川)  水温13℃  晴/曇  イブニング
ヤマメ 29cm     #13   ランズ・パティキュラ

 今日は昼間ピーカンで相当気温が上がった。もう夏か?梅雨はどこに?って感じ。
 イブニングでは曇って来たので遅くに夕立ちがあるかもと思いつつ入渓。気温の割には水温は13℃程度。ライズは6:45に始まると予想いていたが少し遅れて7:00頃から。プールでは散発でライズがあったが、流れ込みの方が定位してライズしている。いつものスタンダードパターンで様子をみるが反応しない。お師匠が大型のスペントで釣果を出しているので、オイラもスペントパターンを結んでみる。流芯に乗せ3投目にHIT!結構良い引きなので、他のライズを散らしてでもネットインしなければと思いプールまで引っ張ってきてランディング成功。良い感じのヤマメ。
 それで満足して帰れば良いのに、人の欲というものは・・・「まだ釣れるかも!」と思い色々手を付けてみるが釣れ無い。その内大粒の雨!!急いで車に戻るが間に合わない。全身ズブ濡れの帰宅でした!トホホ・・・
6月 7日  (D川)  水温16℃  晴/ガイジン  イブニング
イワナ 20〜24cm×7   #14  ブライト・シーダー

 今日は少し下流に下り去年良かったポイントへ行ってみる。
 暫く、堰堤上のプールでライズを待っているとビール片手に外国人が4、5人やってきた!川原をウロウロしていたかと思ったら、ライズ待ちしている上流で石を川に投げ入れ遊び始めた!その内、近くに寄ってきてオイラがロッドを振るのを待っているみたいだ。でも、ライズも無いのにそんなサービスしないっ!とか思いながらイップクしていると今度はすぐ下流で石を投げ始めた!「ファック・ユー!!」でも言ってやりたかったが、酔っ払いの大男にののしっても自殺行為なので、そのポイントは諦めて上流へ。そいつらが遠くに離れてから中指を立ててみたが、自分の小ささにさらに腹が立ち、久々に負のパワーを感じてしまった。
 その後、緩い流れ込みでダラダラと続くライズを7つ取ったが、みんなチイサイズ。でも、台風でかなり形相が変わってしまっていた所だったので、魚が居ることを確認できただけでも良しとするか!
6月 8日  (Y川)  水温16〜19℃  晴  
ブルック 22〜26cm×9  #14  クイルゴードン・ブライトシーダー(茶)

 今日はカインさん、nobuさん、茂木(もてぎ)さんとY川からD川釣行。Y川の途中でリトルライズさんとsenちゃん、katoさん、らいすはぁとさん達と合流。
 6:40頃、赤沼茶屋に着くとフライマンが続々と入渓し始めている。良く見ると中にはリトルライズさんの車も。р入れるとすでに入渓しているとの事。あとで合流する事にし、カインさん達と入渓。
 先行者達は、赤沼茶屋から上流に向かっているようなので、オイラ達はそこから下流に下がり跡を追うように上流に向かう。ブッシュが多いので川の真中で暫くライズを待つと、川縁のエグレや岩穴、倒木の前などでライズが始まる。下から順番にライズを狙う。が、いきなり後のブッシュに引っかかる。トホホ・・・気を取り直し再び。エグレにフライを入れるとスグに初物ブルックが釣れちゃった!ライズを3つ取れたので、ポイントを探しに上流へ。途中の流芯で2匹釣り、みんなとカディスの木辺りで合流。しかし、今日は人が多すぎ。最初のポイントから合流までは殆んど歩いただけだった。みなさんと挨拶をし再び下流へ。最初のポイント辺りで4つのライズを取り、最後の1匹を撮影しようと岩のコケの上にロッドと共に置いてカメラを向けようとすると、隣りにシマヘビが!ビックリしてカメラを川に落とすが、防水なので大丈夫。とりあえず、Dのイブに向け、14:00にカインさん達といろは坂を下る。
 D川で某Pさんと合流し、イブまでビールを飲みながらライズを待つ。
 昼間相当暑くなったので、ちょっとヤバイかなぁと思っていたが案の定。ライズはあったが大物ライズは殆んど無く、期待させてしまった分、申し訳無かったっす!
 今日はみなさんお疲れ様でした。オイラは有意義な休日を過ごせました。また宜しくです!

写真は右からnobuさん、後にらいすはぁとさん、茂木さん、リトルライズさん、後にカインさん、senちゃん、川向こうにRedZepelinさん、みんなの影に渓渡さん。みなさんお疲れ様でした!
6月 9日  (D川)  水温15℃  晴  イブニング
ヤマメ23cm×2    #13  キャメルスペント

 久々に中流部に入渓。先行者は2人だがオイラが入渓したことによって急いでライズの有りそうなプールに向かっている。「しめしめ・・・オイラの狙いはプールでは無いのに・・・ヒッヒッヒ」と思いながら強い流れの中の小さなポイントを探しながらライズの時間を待つ。6:30を過ぎた頃、小さなライズを発見。いつものパイロットフライを流すが反応無し。サイズを下げるがまたダメ。と、その内フタオカゲロウかシリナガマダラが飛び立つ所を確認。サイズを上げて流すとチビッコが反応するが乗らず。そのポイントは諦め、さらに上流へ叩き上がると、いかにもな沈み石の前でHit!流れに巻き込まれちょっと苦戦するがランディング成功。23cmの綺麗なヤマメ。今度は流芯のど真ん中でHitし、これまた同じサイズのヤマメ。やはり深みのある所じゃないとデカヤマメの確立は少なそうだなぁと思いながら納竿。明日はイワナを狙うぞ!
6月10日  (D川)  水温13℃  晴  イブニング
ヤマメ 28cm     #14  ブライトシーダー(茶)
イワナ 30cm     #14  ブライトシーダー(赤)

 今日はイワナ狙いだがイワナのライズはヤマメの後のようなので、早い時間は堰堤と堰堤の間のチャラ瀬に注目。良くみれば居てもおかしくないポイントはいくつかあるようだ。とりあえず、ライズの時間帯まで知り合いのフライマンと話をして時間をつぶす。 
 6:45、太陽は山に隠れたがまだ明るい。ライズは無いが叩いてみる。最初に目星をつけておいた沈み石の脇を手前から流すが反応無し。続いて反対側も流してみると!チョボ!っと出た!一瞬チビかと思ったが、走る走る!スレか?と疑いながらランディング成功。魚体を見てビックリ。しっかりフライを咥え込んだ28cmヤマメ。こんな浅い所にも居るもんだ!と思いながらイワナのポイントへ移動。タバコ1本でライズを2個確認。ラインを出していると流れ込みの真中でデカイイワナがジャンプ2回!ドキドキしながらフライを落とす。3回位はドラッグが掛かり、反応するが乗らない。ちょっと休んで再び流す。今度はナチュラルで流れてるっぽい!真中を過ぎた辺りでライズ。1テンポ遅めに合わせるとがっちりフッキング!ラインは半分位ラクラク寄せられたが、そこからがスゴイ引き!イワナ特有の引きずり込むような引きに、テンション掛けたままラインを出したり寄せたり繰り返す。リーダーまで寄せると久々に「ギキキキキィ」とリーダーのきしむ音も聞こえた!顔を見せたところで一気に寄せてネットイン。何だかヤマメより体高のあるような丸々太ったイワナ30cm。さっきの飛び出しライズの主のようだ。明日は台風が来るようだが、去年も台風前には大物が出たような・・・?魚は何か感じるのか?気のせいかな?

ベロ出してるんじゃないよ!
フライのウイングだよん。
6月13日  (D川)  水温11℃  曇/霧雨  イブニング
ヤマメ 26cm     #14  CDCダン(キャメル)
イワナ 22〜24cm×3 27cm #14 ブライト・シーダー(赤)

 11、12日と台風の影響で雨が続いていた。さすがにオイラも川まで行くが断念。
 今日は何とか釣りになりそうだが、肝心の虫が少なそうだ。しかし、少しライズを待っていると早々にもライズ!散発だがいつもより早い時間帯からあるので早速流してみる。と、緩い流れ込みでイワナが反応。立て続けに3匹Get!大きめのプールに目をやるとフタオカゲロウのダンがポツポツとゆっくり流れ、それを元気に捕食している奴がいる!フライを換え、ダンと同じラインに乗せるとヤマメがフッキング。ランディング成功するが、写真を撮る時逃げられた・・・残念。プールはヤマメが走って荒らしてしまったので、再び流れ込みに移動。小さく出たライズだがフッキングすると結構良い引きだ。27cmイワナをつったところで雨が強くなってきたので納竿。
6月15日 (?川・D川)  水温9℃〜11℃  曇/霧雨
イワナ 21cm・26cm・28cm #14 ブライト・シーダー(オレンジ)
Dイワナ 28cm  #14 ブライト・シーダー(赤)
Dヤマメ 12cm  #14 ブライト・シーダー(茶)

 AM5:00起床。5:30出発。?川7:00入渓。今日は色々な事情が重なり1人での釣行となった。天気は曇天、時々霧雨。虫もユスリカ程度しかハッチしていない。プールではたま〜にライズが有るがクルージングしてやっている様子。様子を伺いながら川を下り、ある程度下った辺りから叩いてみることに。さらっと叩きあがったがチビの反応が2回ほどだけ。1度車へ戻り朝食をとり、今度は上流へ。ここは未知の世界なのだが浅いチャラ瀬が続き魚ッケが感じられない。大分歩いてみたが獣臭さを感じたので足早に下る。再度、下ってじっくり釣り上がる事に決め、下流のプールから叩いてみる。魚は見えているが、全く反応してない。時々ライズはするが・・・。ティペットも8Xに落し、ミッジも付けてみるがUターン。前回来た時よりスレている様子。プールは諦め、瀬を叩き上がる。風も強いので1箇所につき5,6回は挑戦する。するとチビイワナがHit。ストマックはユスリカピューパ(多数)とコバエ(2匹)とシリナガマダラ?(1匹)かな。ハエパターンは用意してなかったので、フライを換えずにさらに叩きあがる。続いて割と緩い流れの流芯で28の綺麗なイワナGetしてやっと周りの景色とかが視界に入ってきた感じ。入渓ポイントまでに1匹追加してイブニングを待たずに納竿。デカイのが釣りたかったが今日は虫が少ない。晴れたイブニングが良い気がした。日光に戻ってくると?川より天気が悪い。時間も早いのでイブニングしてから帰る事に。入渓してすぐに叩き始めて、すぐチビヤマメがHit。続いて?川と同じサイズのイワナがHitしたが、引きが全然違う。?川の倍近い強い引きだ!今日はもうこれで満足。18:50納竿。
6月17日  (D川)  水温12℃ 曇  イブニング
ヤマメ 12cm位×2   #14 ブライト・シーダー(茶)
イワナ 20〜24cm×5 #14 ブライト・シーダー(赤)

 今日はまだ歩いていないポイントを探りに。入渓してライズは無いが、早い時間は瀬を叩いてみる。木が倒れかかって魚の隠れ家になりそうなポイントを発見!しかし、中々、手前の流れが速く思うようにフライを投げ込めない。ようやく木の下にフライが入ったと思ったらすかさずライズ。合わせると丸々太ったチビッコヤマメ。あまりの小ささにガックシ。その後、岸よりの岩の横で同じサイズのヤマメ。暫くすると、オイラの上下に人影が。釣り上がりは諦め、プールでライズを待つと、7時10分頃からあちこちでイワナらしきライズ。頭にフライを落とすとかなりの確率でHit。サイズは上がらないのでフライがボロボロになったとこで納竿。
6月19日  (D川)  水温13℃  晴  イブニング
イワナ 23cm×2   #14  ブライト・シーダー(茶)
ヤマメ 27cm      #11  ソラックス・ダン(黄)

 昨日は1日雨が続いたので今日のDは良い感じに増水している。濁りはほんの多少あったが、それもまた良い感じ。昼間はからっとした晴れで気温もやや上昇。虫も多くハッチしそうな予感で入渓。早い時間帯はここらへんでやって、マズメを過ぎたらあそこに行こうなどと考えながら準備をしていると、上下にテンカラ師出没。動けなくなってしまったので、仕方なくライズを待つ事に。しかし、予想に反し思ったほど虫も出ないし、ライズも短かった。虫はモンカゲがポツポツ、フタオカゲロウらしき物が殆んど。今日はハエも岩の周りにちらほら。7時を過ぎたあたりから10分間位がピークで後は散発が20分位。ピーク時に流れ込みでイワナを2匹Get。ライズが散発になってから定期的にゆっくりライズしている奴に注目。フライを換えてそっと頭の流れの筋を狙うと、思った所にフライが落ちた!タイミングもビンゴ!かなり良い感じの引きだが27cmジャスト。もうちょっと期待していたが、太っているので良しとして納竿。
6月22日  (D川)  水温12℃  曇/雨  イブニング
ヤマメ 15cm     #16  クイルゴードン
ヤマメ 27cm     #14  ブライト・シーダー(オレンジ)

 一昨日は雨、昨日はバーベQ。2日もロッドを振らないと頭の中は川の事で一杯になってしまう・・・もうヤマメ・イワナ中毒も良いところだ。この先、家族をもったらどうなってしまうのだろうと不安になりつつも、入渓するとそれも殆んど忘れてしまったようだ。
 水温を測ると意外と普通だ。モンカゲが飛び立ちセキレイに捕食されている。ライズは無し。魚が食う前に鳥に食われている感じ。PM5:30だが曇っているので堰堤2つ分ブラインドしてみると、チビッコヤマメがHIT。4回反応が有ったが食いが浅く、すぐバラしてしまった。深みのあるプールでライズを待つ事にしてイップクしていると、軽く雨が降ってすぐやんだ。浅瀬でチビッコライズが始まり、続いてプールの真中で良い感じのライズが3つ続いた。真横よりやや下流に位置をとり、フライを流すとゆっくりと捕食。流れに入られ苦戦したが何とかキャッチ。良型のオスのヤマメ!プールではまだライズがあるが、かなり寒い。風邪をひいたら困るので諦めて納竿。
6月23日  (D川)  水温11℃  曇  イブニング
イワナ 23cm×2   #11  CDC・Vウイングダン(黄)
ヤマメ 27cm      #14  ブライト・シーダー(オレンジ)

 今日は昨日のポイントの下流からブラインド。早い時間から散発だがライズを確認。瀬を流すとチビッコらしきヤマメが何度か反応したが乗らず。しつこく流すのはヤメて、テンポ良く上がって行くと緩い流れ込みでイワナがHit!写真を撮ってリリース後、2投目にまた同じサイズのイワナ。何だか今日は早い展開にその後を期待するが、反応が良いのはそこまで。後はライズも見られなくなったので、しばし休憩。タバコを3本も吸ってしまった。いつものライズの時間になると最近良く見かける飛んでる姿がコマみたいなカゲロウ?がポツポツ。フライをそれっぽいのに換えてさらにブラインド。しかし、昨日のポイントまでは反応無し・・・。結局、昨日と同じプールに到着。また、ヤマメが釣れるかなぁなんて思っていると早速プールでアタックしてきたがバラし!その後はやはりライズは消えてしまった。続いて流れ込みを手前から流していくと流芯を越えた筋でHit!今度はガッチリフッキングOK!良い感じの引きを味わいランディングしてみると「あり?」見たことあるなぁ・・・写真にしてみてやっぱり!昨日と同じヤマメじゃぁぁあん!!ヤマメって普通1度釣られたら暫く釣れ無いんじゃないの?!何かショック・・・悪いことをしてしまった感じ。出たポイントはちょっと離れているんだけど・・・スマンですたい・・・。
6月25日  (D川)  水温11℃  霧雨  イブニング
イワナ 20、23、27.5cm  #14 ブライト・シーダー(赤)

 PM5:00になり少し悩んだが、昨日オデコ喰らったので出撃。一時は雨もやんだがすぐ霧雨になってしまった。寒いのでライズが有りそうなポイントは取っておいて、ブラインドを繰り返し身体を温めながら20、23のイワナをGet。予定していたポイントに戻り、フライを交換しようとしたが手がかじかんで思うように動きそうにないので、フロータントを施しライズを狙うが、簡単に狙えそうな位置にライズが無い!仕方なく強い流れの向こうの岸ギリギリのモワモワライズをちょっと頑張って狙ってみる。何度か挑戦したがポイントにフライが届く前に手前の流れに引かれてしまう。立ち位置を少し上流にして再びトライ。フライが落ちたと同時から鬼のようなメンディング。食ってくれ〜!なんて心で叫ぶと「モワン」と食った!ヨッシャ〜!上げてみると中々良い型のイワナ。サイズより何より、あのライズが取れたのがメチャ嬉しかったっす。
6月26日  (D川)  水温10℃  雨  イブニング
ヤマメ 15cm×3   #14  ブライト・シーダー
イワナ 23cm     #13  CDCウイングカディス

 今日はあいにく雨が本降りなのでサーフェイスに寄ってウダウダして帰ろうとしたが、知り合いのフライマンが小渓流で37cmのヤマメを釣ったとの連絡がサーフェイスに入り、それを聞いたオイラは居ても経ってもいられなくなってしまった。時間は7時チョイ前で雨も小降りになったので行けると思い、最寄のDポイントにGo!入渓するとすでにライズは始まっている。チビばかりフッキングして、良い型っぽいのは全てすっぽ抜け。イワナを掛けたところで雨が再び強くなってきたので納竿。デカイヤマメが釣りてぇ〜〜!!
6月28日  (D川)  水温12℃  曇  イブニング
ヤマメ 15cm・28cm  #15  ブライト・シーダー(茶)

 暫く続いた雨だが、今日は昼間は蒸して曇だが結構気温が上がった。イブニングのハッチにも期待し入渓。いつものライズの時間に散発だがライズが始まり、7時20分頃何のカゲロウか判別出来なかったが茶色の#12〜14位の奴が大量にハッチ!ライズもあちこちで盛んになった。流れ込み付近でHitしたのはチビヤマメ。続いて緩い流れの流芯で良型のヤマメをHit!中々良いファイトとしてくれました。ライズはダラダラと続き、その後尺上はあると思われるヤマメをフッキングしたが、ランディングの途中バラしてしまった!惜しい事した・・・。
6月29日  (D川・K川)  水温11℃〜13℃  曇
ヤマメ  12cm  #15  ブライト・シーダー(黒)
イワナ  21cm・24cm・26.5cm  #13  ブライト・シーダー(オレンジ)

 今日はnobuさんとトレジャーさんと6時頃からD川モーニング。やはりイブニングと違って虫が少ない。もちろんライズも無し。とりあえずブラインド攻撃するが撃沈。場所を上流に移し、みんな何とか手ごたえあり。
 昼にK川上流の蕎麦屋で食事をし、そのままK川へ入渓。早々にnobuさんが良型のヒレピンイワナをGet!それぞれ分かれてブラインドし、各自1匹づつイワナをGet。しかし、サイズが小さいので、Dイブに期待し4:30頃D川入渓。そしてINAXさんも合流。しばし川原でビールを頂きながらライズを待つ。デカイライズも確認しテンションが上がりそれぞれライズポイントへ。
 オイラはライズを待ちながら「大」を催し、工事現場のトイレに駆け込み運をつけて再びライズを待つ。7:20頃一斉にライズが始まったがすぐに終了してしまった。その間に何とか2匹のイワナをGetできた。nobuさん達もイワナをGet!しかし、尺上ヤマメはおあずけ・・・みなさん、お疲れ様でした!またおっきいの狙いましょう!
7月 1日  (D川)  水温13℃  曇/小雨
ヤマメ  12cm位  #15  コンドルクイルパラシュート
ヤマメ  27cm    #13  ブライド・シーダー(黒)

 昨日はイブ出来なかったので、5時を過ぎると足早に入渓。ライズの時間にはまだ早いが、落ち込みの巻き返しや浅い流れの沈み石の周りを遊んでみる。何度か反応があり、その内チビッコヤマメを1匹Getしたところで、本命のプールの中洲でタバコを吸いながらライズの時間を待つ。暫くすると小雨が降ってきた。しかし、びしょぬれになるほどではないのでそのまま待機。フタスジモンカゲのハッチがポツポツ有るが、ライズする前にセキレイなどに捕食されてしまっている。時間になっても散発しかライズが見られない。少ないライズを狙い、反応はそこそこするが乗らない。何投目だろうか、フライが落ちたと同時にヤマメが飛び出し、かなり遅れて合わせてみたがフッキングした!呆気にとられたのが良かったのかもしれない。良型のヤマメをGet。その後、出てきそうな感じがしないので納竿。
7月 3日  (D川)  水温14℃  曇/霧  イブニング
ヤマメ  29cm×2    #13  ブライト・シーダー(黒)
イワナ  30.5cm     #13  ブライト・シーダー(オレンジ)

 昨日は今日と同じような状況にもかかわらず痛恨のボウズ。今日は昨日のリベンジと思いはりきってD川に向かう。途中、小腹がすいたのでコンビニでデカピリカラチーカマを購入。これを食べた日は割と良いサイズが出ているのでジンクスを信じて入渓するが、予定していたポイントと第2候補までも先行者有り!仕方なくその近辺を叩いてみる事に。
 ブラインドし始めてすぐに沈み石の横からイワナが飛び出すが乗らない。結構良いんじゃないの?なんて期待して暫く叩き上がるが反応はそれだけ。堰堤の下でイップクしながらライズを待つが目ぼしいライズは無い。
 7時を過ぎたので取り合えず流芯を流してみると、フライを打ち直す瞬間に25,6のヤマメが飛び出した!その筋は何度か流してみるが反応無しになってしまったので、隣りの深みを探るとひったくるように出た!他のポイントを荒らさないようにちょっと強引に取り込む。取り込んだ瞬間レインボーかと思ったが(パーマーク辺りが赤が濃かったので)良型のヤマメ29cm!写真を撮って川岸近くのプールで1投目にまたHit!今度も29cmのヤマメ。(パーマークの間が広くない?)フライがクシャクシャになってしまったので、ここでイワナ狙いに実績のあるフライに交換。対岸に位置を変え、タバコを吸いながら水面をみてると浅瀬で2回ほどディンプルライズを確認!ん〜、イワナっぽい。焦る気持ちを抑えつつゆっくりとタバコを吸い終え、ライズを狙う。もうフライは見えないがイメージした流れとライズが合ったので、あわせを入れるとフッキング!引きはさっきのヤマより重い!スレたか?と思いながらもランディングしてみるとガッチリフッキングしてる。測ると尺をわずかに越えていた!
 今日は大満足のイブニングでした。残り物には福が有る!?
7月 4日  (D川)  水温14℃  曇  イブニング
イワナ23cm・ヤマメ12cm  #13 ブライド・シーダー(茶)

 昨日はかなり良い感じだったので、今日も期待して入渓したがライズは少なかった。堰堤下の白泡の切れ目で、良型をフッキングしたがテトラに潜られ、ちょっと強引に引いたらあえなく切れた!残念。その後、大きめのプールで何とかライズをとり、さらに岸際の型の良さそうなライズを狙う。うまくライズの50cm上流にフライが落ちた。すると岩影から子ガモが飛び出した。やばいと思ってフライをピックアップしたがすでに時遅し。がっちり子ガモにフッキング!!すると走る走る!リールドラグを鳴らしながらピーピー鳴いている。親ガモもその声を聞きつけ助けにやってくるがどうにもできない。オイラもどうして良いのかわからない!引き寄せて針を外してやろうと思ったがスゴイ引き!リーダーまで寄せたところでフックのアイから切れた!可哀想な事をしたと反省したが、ちょっと惜しい事をしたような・・・・。
7月 5日  (D川)  水温14℃  曇  イブニング
ブルック  23cm   #13 コンドルクイルパラシュート(黒)
ヤマメ15cm・レインボー25cm  #13 ブライド・シーダー(黒)

 今日のテーマはライズ待ちより釣り上がり。車を降り、堰堤3つ分下流に移動してから釣り上がる。ロッドを降り始めてすぐに対岸寄りの沈み石の前でHit!結構良い引きしているがサイズは小さい。イワナかなと思ったが、ネットインの寸前でピンクの斑点を確認!(写真はうまく写らなかった)背中の虫食い模様もあるし・・・ブルックだ。初めてD川でブルックを釣った。割とヒレは綺麗だが片目が真っ赤。そういえば、暫く前にこの上流で釣り大会があったな・・・その時の放流物か?その疑惑はさらに上流でHitした胸ヒレ無しのレインボーで明らかに。やけに反応が良いと思ったら・・・そう言う事ね。暫くこのポイントは入らない事にしよう・・・・やはりDはヤマメ、イワナでしょう!
7月 6日  (D川)  水温15℃  晴
ヤマメ  24cm    #13 コンドルクイルパラシュート(黒)
ヤマメ  15cm    #13 ブライド・シーダー(茶)

 今日は朝4:00に自宅を出発。釣りでは無く、仕事!う〜ん、眠い・・・
 AM8:40、仕事終了。9:00会社の前の堰堤より入渓。ダメもとで釣り上がってみる。大きなポイントは何の反応も無いが、小さなポイントでは24cmのヤマメが白泡の下から飛び出した。この時期、昼間に出るなんてラッキー!小さなポイントならこの後、何度か反応は有った。
 昼からは暫し休んで、イブニングに久々にParaさんと合流。オイラはチビッコヤマメだったが、Paraさんはしっかりと29cmのヤマメをGetしていた!少しは癒されたかな?
7月 7日  (D川)  水温15℃  晴  イブニング
ヤマメ×2匹 イワナ×1匹 20cm〜24cm  #15  ダーク・シーダー

 昼間は宇都宮にお出かけ。イブニングにParaさんと合流!なんと2連チャン。うだるような暑さが2日も続いたので、ライズの有無が心配だったが7:30頃チビッコライズ発生。大物らしきライズは無かった。端の方からライズを取っていくがみんな小さめ。結構粘ったがチビライズも終了し諦める事に。暫くは渋い日々が続きそうな予感!!
7月 8日  (D川)  水温15℃  晴  イブニング
ヤマメ、イワナ20cm〜23cm×3匹  #15  ブライト・シーダー(茶)

 今日は大物ライズを待とうと思い入渓する。7時10分ごろからチビッコライズが始まるが、取り合えず無視。しかし、ライズが1番盛んな頃は25cm上と思えるようなライズは無く、10分程度で終わってしまった。これからが本番、待ちに待ったディンプルライズがプール中央で2分おき位で起こっている。丁寧にフライを流し込むと1発でフッキング!が、ラインディング途中でバレた。少し合わせが早かったか?と反省。結構良い引きしてたのにもったいない。そのプールは他のライズも散らしてしまったらしいので、流れ込み付近に移動。手前から対岸まで横切り小さめを3匹釣り、納竿。明日は台風との予報!余り雨が降らなければ良いのだが・・・・。
7月18日  (K川)  水温13℃  晴  イブニング
ヤマメ×3匹(稚魚〜20cm)  #14  コンドルクイルパラシュート(赤)

 9日からの台風の影響でD川はまだ水量が減らないので、今日は小百川へGo!久々にロッドが振れる喜びと、魚が出て来るかどうか不安半分で入渓。川底の石は裏返され青々とした渓流を叩き上がる。まだ、やや水量が多いためかポイントが少ない。岸寄りの緩い流れでヤマメばかり3匹Hitしたが、みんなチビッコ。ロッドをしならせるほどでも無かったが、久々のヤマメに出会えたので良しとしよう。
7月19日  (N川)  水温14℃  晴  イブニング
ヤマメ×5匹(18cm前後)  #14  ロイヤルコーチマン

 今日は久々に行川に入ってみる。ボサの中をかき分けてやっとこ入渓すると何と今日の物と思われる踏み跡が!またこのボサの中を戻る気はしないので竿抜けを探る事に。
 叩き始まってすぐ18cm位のヤマメを流芯でGet。良さそうなポイントは先行者に叩かれているので反応は無し。ブッシュ際の小さなポイントが良い感じ。マズメに大きめのプールで期待して流すとハヤが溜まっていた。残念。
7月22日  (D川)  水温16℃  晴  イブニング
ヤマメ 18cm     #12  ロイヤルコーチマン

 今日はD川市場裏にお師匠と入渓。ライズは期待出来ないので叩きあがることに。
 最初に反応が有ったと思ったら・・・ウグイ!!その後も2連荘でウグイ・・・・トホホ。くしゃい。
 気を取り直し、沈み堰堤の流れ出しでやっとこ元気の良いチビッコをGet。何だか雲行きも怪しくなってきたので、早々に引き上げる事に。車に着く頃にはゴロゴロ・・・。早めに切り上げて良かった。明日に期待しよう。
7月27日  (K川)  水温16℃  
チビッコヤマメ×2匹  #14  ブライドシーダー、胸赤アントパラシュート

 今日は早起きしてK川上流へGo!水量・渓相共に台風の影響が少ないとの情報で期待して入渓。しかし、虫っけは無し。もちろんライズも無し。仕方なく叩き上がると小さなポイントでは反応があった。サイズは小さいが何とか2匹のヤマメをGet。逃したイワナは結構良いサイズだった。残念。午前8時頃になるとやたらとトンボが出てきた。落とすフライを上手い事キャッチして狙ったポイントと違うポイントに落としてくれる。だんだんイライラしてきたところにプールの流れ込み付近で「バヒャッ!」と音がした。何だかデカぞうなライズ!様子を伺いにそこに行ってみると、何と35cm位のヤマメが凄いスピードで突進してきて、目の前の水面上をホバーリングしている赤トンボに低い弾道で食いついている!繰り返す事10回以上!トンボのフライを持っている訳もなく、急いで一番デカイスペントを探し出し、投げてみるが見向きもしなかった。しかし、凄い物を見てしまった!今日は嬉しくも悔しくもある釣行になった。いつか奴を釣ってやるっ!!しかし、釣りキチ三平の世界も架空の物ばかりではなさそうだな・・・。
7月29日  (D川)  水温15℃  曇  イブニング
ヤマメ 25cm     #12  ロイヤルコーチマンパラシュート

 今日のD川は何だか久々な感じ。天気も曇だし夕立ちも無さそうなので、チョットそわそわしながら入渓。ライズは期待出来ないので、早速セオリーどうりにポイントを探ってみる。流芯や流れ出し直前の沈み石の前で反応が何回か有るが、気持ちの焦りからか、自分でも解るくらいアワセが早い。反応しているのはみんなヤマメのようだ。マズメ時に強い流れの向こうの緩い流芯にチョット頑張ってロングキャスト。1発大きくメンディングした直後にHit!ショッシャ!乗った。流れに乗っているせいか、結構良い引きを久々に感じランディング成功。ん〜、嬉しい1匹でした!
copyright(c) 2001-2006 mittan all rights reserved.